「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

積極的に摂取を
 菌類 に属する キノコ は、傘状 の子実態が 細胞外 に 分泌 する 酵素 で 有機物 を
分解吸収 することで 成長 し、胞子 を作り 繁殖 を 繰り返す 生物 である。 

 食用 になるものは 300 種類以上が報告されていて、抗菌作用 抗ウイルス作用
コレステロール低下作用血糖降下作用血圧降下作用 などが見いだされている。
漢方薬 の 原料 や 健康食品 として販売されているものもある。

 そんな中、キノコ を 1 週間に 2回以上摂取した 高齢者 は 軽度認知障害 MCI
を 発症 する リスク が 低減 したという シンガポール 国立大学 の レイ・フェング
博士 らの 研究が話題を呼んでいる。 高齢化社会 の問題に積極的に取り組んでいる
シンガポールでは、認知症 でも 人生 を楽しめる社会づくりを目指している。

 フェング博士 らの 研究チームは、「 食事 と 健康的 な 老化研究 」に参加した 60
歳以上の 健常 な 高齢者 633人を対象に、認知機能 の 低下 と キノコ の 摂取量 の
関連性 を調査した。 その結果、キノコ の 摂取量 が週に 2回以上の 高齢者 は、週
に1回未満の 高齢者 に比べ MCI を有する リスク が 57% も低いことが分かった。

 これまでの研究で、認知症 の患者は 血中エルゴチオネイン の 濃度 が 健常 な 高齢
者 より低いことが報告されていることから、フェング 博士 は キノコ に含まれる
酸化物質・エルゴチオネイン認知症 の 進行 を遅らせた可能性を考察する。
                                      
 エルゴチオネイン ヒト の 体内 で 合成 することが出来ない アミノ酸 で、食事
サプリメント で 摂取 するしかない。 シイタケマイタケハナビラタケ
ノキタケエリンギヒラタケタモギタケ などに 豊富 に含まれている他、甘酒
も含まれている。

  高齢期 の 認知機能 を保つためにも 積極的 に キノコ を 摂取 したい。

                (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

          新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より

 

加齢 を肯定的に
 アポ E 遺伝子 アルツハイマー病認知症 )の 危険因子遺伝子 だ。 遺伝型 には
2 型3 型4 型 の 3 種類があり、日本人 の約 85 % が 3 型、約 10 % が 4 型、残りの
約 5 % が 2 型と報告されている。

 アポ E 4 型 の 保因者 は アポ E 3 型 の 保因者 に比べて アルツハイマー病 の 発症リス
ク が 4~5 倍 も高く、逆に アポ 2 型 の 保因者 は 発症リスク が  0.6 倍 にとどまり アル
ツハイマー病 を発症しにくいことが知られている。

  もし、両親から受け継いだ 遺伝子 が何れも 4 型だった場合は、アルツハイマー病 の 発
症リスク は 10~15 倍 にもなる。 また、アポ E 4 型 の 保因者 は アルツハイマー病
発症年齢  が 早期 で 症状 の 進行 が早く、若年性 アルツハイマー病 を 発症 する 可能性
が高い ことが知られている。

 予防 のためには、若い頃 から 食事ライフスタイル に注意する必要がある。

 そんな中、エール大学 の ベッカ・レビ 博士 らの 研究チーム は、アポ E 遺伝子4 型
であっても、加齢 に対して「 肯定的な信念 」を持っていれば、アルツハイマー病 の 発症
リスク を 約半分(49.8%)下げられることを見いだし話題を呼んでいる。

 研究チーム は、認知症 が認められない 高齢者 4765人( そのうち アポ E 4 型 保因者 は
26% )を 4 年間 追跡調査 し、加齢 に対して 肯定的な信念 を持っている 高齢者 と 否定的
な考え を持っている 高齢者 について、認知症 の 発症率 を 比較・解析 した。

 肯定的 な信念を持つ 高齢者 は、精神的ストレス の レベル が低いため アポ E 遺伝子
発現が低く、遺伝子 の影響が弱まったのではないかと レビ博士 は 考察 する。

 アポ E 4 型 の 保因者 が 認知症 の 発症 を予防するためには、食事運動 に加えて
による 身体機能 の 低下 を気にせずに、前向き 人生 を楽しむことが重要と言えそう
だ。
                                                           (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

              新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より

まずは 食事 が基本
 機能性表示食品制度 は 2015 年に導入され、これまでに届け出がされたのは サプリメ
ント や 加工品 など 1700 件以上に及んでいる。 最も 信頼性 が高い研究が要求されて
いた 「 特定保健用食品トクホ ) 」 と違い、科学的 な 根拠 がしっかりしている 成
分が含まれていれば 消費者庁 に届け出るだけで 機能性 の 表示 が出来る点が特徴だ。 
   消費者 にとっては 選択肢 が増えた一方で、摂取後 の 安全性 や 効能 に関する責任は
消費者側 に委ねられた システム と言える。

 そんな中、米・タフツ大学のファン・チェン博士 らの 研究チーム が 食品 から 特定
栄養素 を適切に 摂取 すれば 死亡リスク が下がるが、サプリメント摂取 では 死亡率
低下 しない ことを報告して話題を呼んでいる。

 研究チーム は、1999 年から 2010 年までの間に 国民健康栄養調査 に 参加 した 20 歳
以上の米国人 3 万 899 人を対象に、栄養補助食品 の 摂取状況、食品 サプリメント
らの 栄養素摂取量 心臓病ガン による 死亡率 及び 全死亡率 との関連性を解析した。

 その結果   ① ビタミンKマグネシウム の 適切な 摂取 は 全死亡リスク の 低下 と 関
連していたが、関連性 は 食品 からの 摂取 に限定され サプリメント摂取 では 認められ
なかった    ② ビタミンAビタミンK亜鉛 の 適切な 摂取 は 心血管疾患 の 死亡率 の
低下 と関連するが、これらの 要素 に関しても 関連性 は 食品 に 限定され サプリメント
では認められなかった    ③ サプリメントカルシウム を 1 日に 1000 ㎎ 以上摂取する
と、ガン の 死亡リスク が上昇するが、食品 からの カルシウム摂取 では 関連性 は認め
られない ーーー ことが判明した。

 今回の結果は、不健康な 食生活サプリメント摂取 では 代償することが出来ないこ
とを裏付けている。 まずは 栄養バランス のとれた 食事、健康的な 食生活 が 基本 だ。

                                               (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

                 新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より

↑このページのトップヘ