「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

 先週の コラム で 高齢期 の サルコペニア加齢性筋肉減少症 )は カロリー制限
動不足 が 発症 の 要因 であると紹介した。 予防 のため 筋トレ レジスタンス運動 )が
有効であることが 知られているが、やり過ぎ は かえって 筋持久力 を 低下 させる 可能性
が 報告 され 話題 を呼んでいる。

 スイス の バーゼル大バイオセンターの クリストフ・ハンチン博士 らの 研究チーム は
筋肉 で 分泌 される BDNF脳由来神経栄養因子 )に 着目した。

 BDNF は 脳 と 筋肉 にそれぞれ 作用 するものがある。 研究チーム は BDNF が 筋繊
維 を 遅筋( 赤筋 )から 速筋( 白筋 )に 変換 する 生理作用 に 注目。
遅筋 は マラソン などの 有酸素運動 で使われる 持久力 に 関連 した 筋繊維、一方、速筋
グルコースブドウ糖 )を 代謝 し 瞬間的 な 筋力 に関連している。

 サルコペニア は 加齢 に伴う BDNF の 減少で 速筋 が 減る ことが 原因 と考えられてい
て、筋トレ BDNF の 分泌 を 増強するので サルコペニア に 有効 と考えられている。

 研究チーム が、ネズミ の 筋肉 に BDNF が 分泌されないように 遺伝子操作 すると、速筋
が 減少し 遅筋 が増加、筋力 が 低下し 歩行速度 も減少した。 しかし ネズミ は 高齢期 に
なると サルコペニア が 緩和 され、逆に 筋持久力 が 増加した。 博士は 高齢期 の サルコ
ペニア に対する 生理学的代償 として BDNF が減少している 可能性 を考察する。

 博士 の 主張 が 正しい とすれば、若い頃 は 筋力、高齢期 は 持久力 で 運動 パフォーマ
ンス を維持するのが 加齢 に適した 運動処方 かもしれない。 今回の研究で 筋トレ
り過ぎ が かえって 筋持久力 を 低下させるという 知見 が 科学的 に裏付けられた。
 
 高齢期 の 運動パフォーマンス を 維持するのに、どの程度の 割合で 筋トレ有酸素
運動 を 組み合わせる のが 最適 かに関しては更なる 研究 が必要だろう。

                                                  (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

             新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より

 加齢 に伴って 筋肉 が衰えることを サルコペニア( 加齢性筋肉減少症 )と呼ぶ。 予
防 には 良質の タンパク質 摂取 が勧められているが、それが サプリメント で 可能かは、
よく理解されていない。

 そんな中、カナダ・マクマスター大のスチュアート・フィリップス博士 らの 研究チー
ムは、乳清タンパク質 の サプリメント 摂取 では サルコペニア を防げなかったが、回復
期 には タンパク質 合成 を促して 筋肉量 を増やす 作用 があることを明らかにした。

 健常 で 高齢 の 男女 31人を 2 群に分け、第 1 群には 標準カロリー食( 約 2500㌔㌍ )
を 1 週間 摂取させた後、3 週間の カロリー制限食( 約 2000㌔㌍ を1週間、約 1400㌔㌍
を 2 週間 )に 乳清タンパク質 の サプリメント 1 日 60㌘ 摂取 と 運動制限 を追加。

 回復期 の 1 週間には 標準食( 約 2300㌔㌍  )に 乳清タンパク質 の サプリメント 1 日
60㌘ 摂取、運動 を指導した。

 一方、第 2 群 には 乳清タンパク質 の代わりに コラーゲンペプチド( タンパク質 の 一
つの コラーゲン を更に分解したもの )の 1 日 60㌘ 摂取 を 指導。 試験前後 で 筋肉量
測定、筋肉生検、血液採取 を行い、筋肉量 変化 と 筋肉 における タンパク質 合成 を 比
較・検討 した。

 その結果、両群 とも カロリー制限食 摂取後 に 下肢 の 筋肉量 が有意に 減少。 タン
パク質 の サプリメント 摂取 では カロリー制限運動不足 による 高齢期 の 筋肉量 減
少 を 防げないと分かった。

 一方で 回復期 には、乳清タンパク質 群 では 明らかな 筋肉量 の 回復 を認めたが、
ラーゲンペプチド 群 では 十分な 回復 が 確認 できなかった。 フィリップス博士 は、
回復期 の 筋肉 の タンパク質 合成 には、摂取する タンパク質 の「 」が 重要である
点 を 指摘する。

 高齢期 の 活動性維持 のためにも、食事 の 摂取カロリー栄養 バランス を 考慮し、
定期的 な 運動 を 心がけたい。
                    (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)
            
                                       新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より

 肥満、2 型糖尿病、高血圧 といった 生活習慣病 が、認知症 の リスク
になることは知られている。 ただ、どのような メカニズム で関与して
いるかについては、必ずしも正確には理解されていない。

 そんな中、米マイアミ大公衆衛生学の ミシェル・カウンカ博士 らの研
究チームが、60 代の人々の 肥満度ウエストサイズ大脳皮質
に影響することを明らかにして話題を呼んでいる。


 研究チームは ノーザン・マンハッタン・スタディー という 大規模調査
の中で、磁気共鳴画像化装置( MRI )検査を受けた 1289 人の 高齢期
男女( 平均年齢 64 歳 )について 肥満度( BM )、ウエストサイズ
血中の アディポネクチン( 脂肪細胞から分泌される 善玉 のタンパク
質 )と、大脳の容積、大脳皮質の厚さ、大脳白質の変性病変、小さな梗
塞像
ラクナ梗塞 )との関連性を検討した。

 その結果、BMI ウエストサイズ が大きい 60 代の高齢者は、小さ
い高齢者に比べ、大脳皮質 厚さ が 薄いことが分かった。 しかも、
これらの関連性は 65 歳以下でより顕著に認められた。

 一方、これまで 動脈硬化 などの 血管病変 と関連すると考えられてきた
白質病変小さな梗塞像アディポネクチン と 肥満度 や ウエストサイ
ズ の間には関連性を見いだせなかった。 大脳皮質 には 神経細胞 が 局
在 していて、加齢 認知症 ではその数が減少して 認知機能 が低下する
ことが知られている。

 カウンカ博士は、肥満 を発症すると 血管障害 でなく 神経細胞炎症
を引き起こし、大脳皮質 萎縮 した可能性を指摘する。

 肥満 については 2 型糖尿病動脈硬化 の リスク が 強調されてきた
が、大脳皮質萎縮 の リスク も追加された。 高齢期の 認知機能 を保つ
ためには、60 代前半から 体重ウエストサイズ を管理しておくことが
重要だろう。
                  (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長) 

          新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より               

↑このページのトップヘ