「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

臓器の幹細胞に障害
 過度の 飲酒 老化促進 認知機能障害 をもたらすことは知られていたが、酒中 のどの成分
のどの 細胞 を標的にしているのかはよく理解されていなかった。


 一般に を飲み過ぎると 肝機能 が異常を示すことから アルコール の悪影響は 肝機能障害
認識されがちだ。 ところが、老化促進 認知機能障害 のメカニズムは 肝細胞 ではなく 臓器幹
細胞 が傷つけられていることが、英国ケンブリッジにある 分子生物学研究所 ケタン・J・パテル
博士 らの マウス を使った実験で明らかになった。

 研究チームは、エタノール(アルコール) 代謝産物 である アセトアルデヒド マウス に投与。
その結果、骨髄中 造血幹細胞 DNA が切断され、貧血 を発症することを突き止めたのであ
る。 幹細胞 DNA の傷は速やかに 修復 されないと ガン化 することが知られている。

 飲酒 大腸ガン 乳ガン 発症要因 として指摘されてきたが、パテル博士 は今回の研究で、
それぞれの 臓器 幹細胞 アルコール摂取 により ガン化 する仕組みが明らかになった点を強
調している。

 アセトアルデヒド 二日酔い の原因物質なので、二日酔い を起こさない程度の 飲酒 ならば
細胞障害 は少ないと考えられる。 一方で、アセトアルデヒド 酢酸 に分解する アセトアルデヒド
脱水素酵素 遺伝子 に個人差があり、日本人 の約半数は に弱い AGタイプ であることが知
られている。

 このタイプは 飲酒後アセトアルデヒド 毒性 が長時間、体内 に持続するため、臓器幹細胞
障害を受けやすいと考えられる。

 幹細胞 認知機能、皮膚 幹細胞 皮膚 老化 に関与していることを考えると、高齢
二日酔いしない 程度の 飲酒 にとどめておくのが良さそうだ。
 
                                                                               (白澤卓二 ・ 御茶ノ水健康長寿クリニック院長)
                         新聞記事 Dr.白澤の ”100 歳 への道” より転載 
 

                                                               

前立腺がん リスク減の報告
 前立腺ガン は欧米に多いが、日本でも発症率が増加する傾向にある。 これまでの疫学調査か
乳製品、カルシウム、飽和脂肪酸 の摂取はリスクを高めると報告されている。 一方で、
に含まれる イソフラボン 緑茶 に含まれている カテキン はリスクを下げると報告されている。

 イタリア・ポッツィッリ にある研究機関のリシア・イアコビエーロ博士らのチームは、1日3杯以上
イタリアンンコーヒー を飲む人は飲まない人に比べ、前立腺ガン のリスクが 53% も低いこと
を明らかにして話題を呼んでいる。 

 中央イタリア地方の住民が コーヒー 高圧、高温 で抽出し、フィルターなしでいれる イタリア風
の飲み方を堅持している点に注目。 エスプレッソ モカ、カフェラテ、カプチーノ、マキアート
どの イタリア風コーヒー の摂取習慣と 前立腺ガン 発症との関連性を調べた。

 50歳以上の イタリア人 男性6989人を平均4年間にわたり追加調査した結果、イタリア風コー
ヒー 1日3杯以上 飲む男性は飲まない男性より 前立腺ガン の発症が 53% も低いことを明ら
かにした。 一方、1日2杯以下 のコーヒー摂取では 発症リスク は下がらなかった。

 また、試験管内で培養した 前立腺ガン細胞 コーヒー抽出物 を添加すると、カフェイン を含む
コーヒー抽出物 増殖 を抑制したが、脱カフェイン コーヒー抽出物 には 増殖抑制効果 は認
められなかった。

 コーヒー には クロロゲン酸 などの ポリフェノール も豊富に含まれ、健康長寿効果 があることを
本コラムでも紹介してきたが、前立腺ガン の予防効果も追加された。 最近の研究で 砂糖 ガン
細胞
の増殖を促進することが知られているので、50歳を過ぎた男性には 砂糖 を入れない エスプ
レッソ
などの イタリア風コーヒー がお薦めだろう。
                             (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)
                    新聞記事 Dr.白澤 ”100歳 への道” より 転載 
                                 

 

脳の育て方
 は使わなければ、年齢と共に 老化 します。 体の一部である も、例外ではありません。
じっとして、あまり体を動かさないような生活をしていると少しずつ 筋肉 が落ちていくように、
神経回路 の働きも低下して、そのものが 萎縮 していきます。

 しかし、年齢を重ねても、筋肉 を刺激していれば、筋力 の低下を防ぐことが出来るように、
にも刺激を与え続けることで 活性化 出来ます。

 の活性化というと、知的トレーニングなどをイメージしますが、それだけでなく、実は 筋肉
使うことは にとっても大事なこと。 新しい 神経細胞 の新生を促す何よりの刺激となります。
日々、上手に働きかければ、脳細胞 は幾つになっても育つことが分かっています。

 を育てるためには、日常生活 の中で少しでも を使い動かすことです。 特に 運動 で体
を動かしていれば、BDNF(脳由来神経栄養因子) という 神経細胞 を育てる タンパク質
が合成されることが分かっています。

 運動中は一時的に への 血流 が少なくなりますが、運動後、への 血流 が戻った時に、
経細胞 の中で BDNF が盛んに作り出されることが、現ハーバード大学の准教授らが15年
以上前からテーマにしている数々の研究でも明らかにされています。

 この タンパク質 が、神経細胞 細胞分裂 を盛んにして、新しい 神経細胞 を生む養分にな
ります。 実際に、運動前よりも運動後の方が、 学習 作業 の効率が良くなったという調査報
告もあります。

 まずは、ウォーキング サイクリング などを マイペース で行うことをお勧めします。

 ウォーキング は、運動 が苦手な人でも生活に取り入れ易く、続けることで の若々しさを取り
戻すことが期待できます。 50歳 以上の人々が 50分 ウォーキング 週3回 続けたら、
になりにくかったという調査結果もあります。 を動かせば、も働きます。

 ウォーキング などで、酸素 をたくさん取り込めば、体内 では 活性酸素 が発生します。
もともと 活性酸素 には、適度な量なら 防衛本能 を刺激して、脳内 抗酸化力 を増強し、
神経細胞 DNA修復 を促す大切な働きがあります。 ところが多すぎると、サビ つかせ
有害に働きます。 ですから、適度に を動かし、適度な量の 活性酸素 を発生させることが大
切なのです。

 いつまでも毎日を 生き生き と送るため、元気な を育てることはとても重要なテーマ。 しかし、
それは最終目標ではありません。

 大切なのは、運動 を通して増やした 神経細胞 ネットワーク を、明日のためにどう使っていく
かということです。 これから始めたいこと、続けたいこと、維持したいこと・・・。 それは 十人十色
ですが、の構造や働きは、実は自分が望むように変えることが出来るのが、のすごいところ
なのです。

 例えば、細かい 手作業 に挑戦し続けていると、手先を器用に動かすための の部分が育ちま
すし、冒険心 に心躍らせて様々なルートを ウォーキング すれば、空間認知能力 が発達して 土地
が冴えてきます。

 ですから、日頃から を動かす時間を持ち、何時も自分らしい 人生観 を持って生活することは、
の為にとても大切なこと。 そんな日々の積み重ねこそ、明日をより一層 実り豊か にする処方
箋といえるのではないでしょうか。

脳を育て続けるために大切な脂質
 
食べ物 の栄養次第で、の働き方は思っている以上に違ってきます。 細胞 も全て、私達
食べたもの で作られているから。 中でも大きなカギを握っているのが 「脂質」。

 一般の人は の中を見る機会は、殆んどないと思いますが、断面図 をみると、外側を覆っ
ているのが 大脳皮質 です。 その下に、白質 と呼ばれる 脂質 が非常に多い部分があります。

 大脳皮質 の中を縦横に走る 神経細胞 の突起は 脂質 でかっちりと覆われています。 つまり、
がなければ、は働くことは勿論、を成すことすら出来ないといっても過言ではないのです。

 食事で 脂質 を敬遠する人もいるようですが、にとって 脂質 が如何に欠かすことの出来ない
養素 であるかが分かるでしょう。

 ただ、一口に 脂質 といっても種類は様々。 その主成分である 脂肪酸 の中で、の活性化に欠
かせないのが 「必須脂肪酸」。 その中でも、に多く含まれる オメガ3系 DHA EPA,レバー
肉、卵 に多く含まれる オメガ6系 ARA(アラキドン酸) は、にとって大切な 脂質 です。

 DHA には 細胞膜 を柔軟に保ち、情報伝達 をスムーズにする働きがあり、EPA
栄養 を運ぶ 血液 の流れを良くするのに役立ちます。 ARA は、神経回路 の形成や発達を促
し、記憶力 にも関わる重要な 脂肪酸。 近年は 社会性 コミニュケーション能力 にも深く関係する
と報告されています。

 ARA 欧米 では十分摂取されていますが、もともと 魚食 中心で、年齢と共に 肉食 を控えがちな
日本人 の場合は、むしろ ARA を意識して摂る必要があります。 また、実は 日本人 魚介類 の消
費量は年々減少しており、特に 青魚 が食べられなくなっています。

 更に、DHA 調理 をすることで、生の 刺身 に比べ最大で約5割も 減少。 それだけに、DHA・EP
A・ARA の3つを バランス 良く摂る心掛けが何よりも重要です。 

 歳を重ねても 生き方、食べ方 次第で 神経細胞 は増やすことが出来ます。 今日も、明日も、若々し
を保ち、育て続けるために、オメガ3系 オメガ6系 脂肪酸 を補充し続ける大切さを忘れずに。

                                                        情報誌より 転載

↑このページのトップヘ