「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

加齢 を肯定的に
 アポ E 遺伝子 アルツハイマー病認知症 )の 危険因子遺伝子 だ。 遺伝型 には
2 型3 型4 型 の 3 種類があり、日本人 の約 85 % が 3 型、約 10 % が 4 型、残りの
約 5 % が 2 型と報告されている。

 アポ E 4 型 の 保因者 は アポ E 3 型 の 保因者 に比べて アルツハイマー病 の 発症リス
ク が 4~5 倍 も高く、逆に アポ 2 型 の 保因者 は 発症リスク が  0.6 倍 にとどまり アル
ツハイマー病 を発症しにくいことが知られている。

  もし、両親から受け継いだ 遺伝子 が何れも 4 型だった場合は、アルツハイマー病 の 発
症リスク は 10~15 倍 にもなる。 また、アポ E 4 型 の 保因者 は アルツハイマー病
発症年齢  が 早期 で 症状 の 進行 が早く、若年性 アルツハイマー病 を 発症 する 可能性
が高い ことが知られている。

 予防 のためには、若い頃 から 食事ライフスタイル に注意する必要がある。

 そんな中、エール大学 の ベッカ・レビ 博士 らの 研究チーム は、アポ E 遺伝子4 型
であっても、加齢 に対して「 肯定的な信念 」を持っていれば、アルツハイマー病 の 発症
リスク を 約半分(49.8%)下げられることを見いだし話題を呼んでいる。

 研究チーム は、認知症 が認められない 高齢者 4765人( そのうち アポ E 4 型 保因者 は
26% )を 4 年間 追跡調査 し、加齢 に対して 肯定的な信念 を持っている 高齢者 と 否定的
な考え を持っている 高齢者 について、認知症 の 発症率 を 比較・解析 した。

 肯定的 な信念を持つ 高齢者 は、精神的ストレス の レベル が低いため アポ E 遺伝子
発現が低く、遺伝子 の影響が弱まったのではないかと レビ博士 は 考察 する。

 アポ E 4 型 の 保因者 が 認知症 の 発症 を予防するためには、食事運動 に加えて
による 身体機能 の 低下 を気にせずに、前向き 人生 を楽しむことが重要と言えそう
だ。
                                                           (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

              新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より

まずは 食事 が基本
 機能性表示食品制度 は 2015 年に導入され、これまでに届け出がされたのは サプリメ
ント や 加工品 など 1700 件以上に及んでいる。 最も 信頼性 が高い研究が要求されて
いた 「 特定保健用食品トクホ ) 」 と違い、科学的 な 根拠 がしっかりしている 成
分が含まれていれば 消費者庁 に届け出るだけで 機能性 の 表示 が出来る点が特徴だ。 
   消費者 にとっては 選択肢 が増えた一方で、摂取後 の 安全性 や 効能 に関する責任は
消費者側 に委ねられた システム と言える。

 そんな中、米・タフツ大学のファン・チェン博士 らの 研究チーム が 食品 から 特定
栄養素 を適切に 摂取 すれば 死亡リスク が下がるが、サプリメント摂取 では 死亡率
低下 しない ことを報告して話題を呼んでいる。

 研究チーム は、1999 年から 2010 年までの間に 国民健康栄養調査 に 参加 した 20 歳
以上の米国人 3 万 899 人を対象に、栄養補助食品 の 摂取状況、食品 サプリメント
らの 栄養素摂取量 心臓病ガン による 死亡率 及び 全死亡率 との関連性を解析した。

 その結果   ① ビタミンKマグネシウム の 適切な 摂取 は 全死亡リスク の 低下 と 関
連していたが、関連性 は 食品 からの 摂取 に限定され サプリメント摂取 では 認められ
なかった    ② ビタミンAビタミンK亜鉛 の 適切な 摂取 は 心血管疾患 の 死亡率 の
低下 と関連するが、これらの 要素 に関しても 関連性 は 食品 に 限定され サプリメント
では認められなかった    ③ サプリメントカルシウム を 1 日に 1000 ㎎ 以上摂取する
と、ガン の 死亡リスク が上昇するが、食品 からの カルシウム摂取 では 関連性 は認め
られない ーーー ことが判明した。

 今回の結果は、不健康な 食生活サプリメント摂取 では 代償することが出来ないこ
とを裏付けている。 まずは 栄養バランス のとれた 食事、健康的な 食生活 が 基本 だ。

                                               (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

                 新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より

軽い 運動 の 予防効果
 慢性疾患 に直結する 酸化ストレス を減らすには、ジョギング や 水泳 のように、
汗ばみ ながら 息 が切れない位の 中程度 の 運動 も推奨されます。

 運動中 は 安静時 よりも多くの エネルギー を必要としますから、中程度 の 運動
習慣化 すると エネルギー の 産生量 を増やすために ミトコンドリア が増えてきます。
 筋肉 には PGC - 1 α  という 遺伝子転写補助因子 が潜んでいます。  運動 の刺激を
を受けるとこの PGC - 1 α が 「 ミトコンドリアを増やしなさい 」 という 情報 が書か
れた 遺伝子 を読み出して、その 指令 によって ミトコンドリア が増えてくるのです。

 ミトコンドリア が増えてくると、一つひとつの ミトコンドリア にかかる 負担 はそ
れだけ減ります。 車 の小さな エンジン を フルスロットル で吹かして 坂道 を上が
ろうとすると 不完全燃焼 で 黒い 排気ガス がいっぱい出ますが、同じように少ない
ミトコンドリア で多くの エネルギー を発生させようと頑張り過ぎると 活性酸素
増えてきます。

 したがって 運動 をすると一時的に 活性酸素 は増えてしまうのですが、トレーニン
グ を 習慣化 すると ミトコンドリア が増えて 不完全燃焼 が減り、活性酸素 の 発生量
は相対的 に低く抑えられます。 これを 「 マイルドカップリング 」 と言います。

 しかも 運動 をしていない 安静時 は増えた ミトコンドリア で余裕を持って エネル
ギー を 安定的 に作り続けられますから、活性酸素 の 発生量 が減って 酸化ストレス
を下げられるのです。 
 これは 運動 が持つ見逃せない 慢性疾患予防効果 です。

 あまり現実的ではありませんが、運動以外ミトコンドリア を増やす方法が 2 つ
あります。 それは 寒い環境 で過ごす。 あるいは 空腹 で過ごす時間 をそれぞれ
長くすることです。

 私たちは ホメオスタシス 体温 を一定に保つ 恒温動物 ですから、寒い環境
過ごすと 体温 を保つためにより多くの を作ろうとします。 そこで ミトコンド
リア での 熱産生 が増えて、その状態が続くと エネルギー産生量 を 底上げ するため
ミトコンドリア が増えるのです。 
そして、空腹 で過ごす時間が長くなると、身体 が 「 エネルギーが足りない 」 と 誤
解 して、ミトコンドリア を増やします。

               斎藤糧三 著 ” 慢性病を根本から治す ” より
                      「機能性医学」の考え方

↑このページのトップヘ