「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

 普段、口の中 にいる 細菌 の中で増えると、慢性 炎症 が起きる 潰瘍性大腸炎
クローン病 といった 難病 の原因となる可能性があると、慶応大などのチームが米科学誌 サイエン
に発表した。

 チームの本田賢也・慶応大教授は 口の中 清潔 にすれば、難病 の治療や予防につな
がるかもしれない と話している。

 粘膜 慢性 炎症 潰瘍 が起き、腹痛 下痢 の症状が出る 潰瘍性大腸炎 クロ
ーン病
は、原因不明 で完治する は今のところない。

 チームは、クローン病患者 唾液 を、無菌状態 で育てた マウス の口に入れると、腸内 炎症
を引き起こす 免疫 細胞 が増える例があることを発見した。 マウス 細菌 を詳しく調べる
と、普通は 口の中 にいて にはいない 「肺炎桿菌」 という 細菌 で増えたのが原因だと分か
った。

 通常の マウス でも、抗生物質 細菌 を弱らせた後に 肺炎桿菌 を入れると増え易いことが
判明した。 肺炎桿菌 健康 な人の にもおり、高齢者 免疫 の働きが落ちている人では 肺炎
の原因となる。 炎症 を起こし易い 体質 の人では、で増えると 難病 の発症につながる恐れがあ
るという。
                                       新聞記事 より 転載
 
 

 

 

カフェイン血中濃度3分の1
 手足 などがうまく動かせなくなる パーキンソン病 の患者は、健康な人 に比べて 血液中
フェ
イン濃度 が低いことを順天堂大のグループが発見した。 新たな 診断法 治療法 の開発
に繋がる可能性がある。 4日付の米専門誌に発表された。

 パーキンソン病 手足 が震えたり、転びやすく なったりするなどの症状が徐々に進行する。
の動きを調節する 神経細胞 の減少が原因とされる。

 コーヒー などに含まれる カフェイン パーキンソン病 予防効果 があることは最近の複数の
研究で分かってきた。 研究グループは、患者の 血中 カフェイン に着目。 患者108人
康な人31人 カフェイン濃度 を比較したところ、患者の カフェイン濃度 健康な人 3分の1
程度しかなく、カフェイン関連 9 物質 の濃度も低かった。

 カフェイン には 神経細胞 を保護する役割があるとみられる。 グループは、パーキンソン
の患者は 小腸 カフェイン を吸収する力が弱いため 血中濃度 が低くなり、発症リスク が高
まると結論づけた。

 同大の斉木臣二准教授( 脳神経内科 )は 「 採血 による早期の診断法を開発し、発症予防
病状 進行抑制 につなげたい。 カフェイン 皮膚 から吸収できる薬の開発も進める 」 と話し
ている。

                                        新聞記事 より  転載 
 

過食など改善に効果
 糖尿病 肥満予防 の効果があるとして注目される 希少糖 の一種 「アルロース」 に、過食など
異常な 摂食リズム 改善効果 のあることが分かったと、自治医科大学医学部や香川大などの
共同研究チームが9日、英科学誌「 ネイチャー・コミュニケーションズ 」(電子版)に発表した。

 自治医科大の矢田俊彦教授(生理学)らによると、「ゼロカロリー甘味料」 とされる アルロース を
マウス 経口投与 すると、糖尿病改善効果 のある 腸ホルモン(GLP-1) の分泌を促し、情報
を伝達する 内臓感覚神経(求心性迷走神経) を介して に作用。 満腹感 を得ることで 摂食
抑制できる仕組みが判明したという。

 夜食 など不規則な食事は 肥満 の一因とされるため、アルロース の経口投与により、食事療法
どへの応用が期待できるとしている。

 矢田教授は 「食事 の喜びを保ったまま カロリー抑制 にもつながる 希少糖 は、肥満 糖尿病  
改善にも効果がある。 メカニズム を解明したことで 創薬 への応用も期待されると話している。

 
                                              新聞記事 より  転載
 

↑このページのトップヘ