「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

気になる認知症 への 影響
 二酸化チタン は 白色 で、自動車 の 塗装、塗料、プラスチック、印刷インキ、食品
添加物、歯磨き粉、日焼け止めクリーム、白色顔料、美肌化粧品 と 用途 は幅広い。

  食品添加物 でも 白色着色剤 として チューインガム、脱脂粉乳、チーズ、ヨーグルト、
マヨネーズ、チョコレート、マシュマロ、加工されたファストフード などに使われてい
る。

 しかし、二酸化チタン発がん性 が 指摘 され、国際がん研究機関( IARC )は、
酸化チタン を「 ヒト への 発がん性 がある可能性がある 」グループ 2 B の 物質 に分類。
フランス政府 は 2020 年 1 月 1 日 から 二酸化チタン を含む 食品 の 市場投入 を禁止す
ると先月( 4 月 17 日 )発表し、安全性 に対する 懸念 が広がっている。

 中国・広州市 の 南方医科大 の ビン・ソン博士 によれば、食品添加物 に使われている
二酸化チタン は ナノ 粒子 という非常に 小さい粒 に 調整 されているので、脳血管関門
を 通過 して に 到達し、神経毒性 を示す 可能性 があるという。

 実際、二酸化チタン を 投与 した ネズミ実験 に関する 13 本 の 研究論文 を詳細に 評
価  したところ、経口投与、静脈注射、皮下注射、鼻腔内投与 の何れの方法でも 脳内
到達し、神経細胞 に対す る 酸化ストレス神経毒性、更に 空間記憶 や 学習 などの
知機能障害 が報告されているとし、安全性 に対する 警鐘 を鳴らす。

 また、そのうち 3 本の 研究 では 二酸化チタン を 妊娠ネズミ に 投与 し 子孫 への 影
響 を検討しているが、胎盤 を通過して 胎児 の 発育 を 阻害し、子孫 で 精神神経発育障
が認められた。

 二酸化チタン は 日本 でも使われているが、認知症 が急増している 時代背景 を考慮す
ると、認知機能 に 影響 を及ぼしうる 食品添加物 については、長期的 な 健康影響 を 再
評価 する 新規評価軸 も必要になるだろう。
                                                                 ( 白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長 )

                                        新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より





緑黄色野菜 で リスク減 の報告
 白内障 とは、目 の 水晶体 が濁り、物が 霞んだり ぼやけて 見えたりする 病気 だ。
先天性、外傷性、糖尿病、感染 など、様々な 原因 があるが、多くは 加齢 に伴って
発症し、加齢性白内障 と呼ばれる。

 今のところ有効な 治療薬 は開発されておらず、一旦 発症 して 水晶体 が濁ると 元
には戻らないので、治療 は 手術療法 が主流だ。

 そんな中、食事由来 の ビタミン カロテノイド加齢性白内障 の 発症リスク を
下げるとする、中国・西安交通大 の 公衆衛生学 の ホン・ジャン博士 らの 研究 が 話
題 を呼んでいる。

 博士 らは、食事由来 の 成分 が 加齢性白内障 の 進行速度 に影響を与えることに注
目。 柑橘系果物 や 唐辛子、ニンジン、トマト、ホウレンソウ、ブロッコリー、ケー
ル といった 野菜 の 摂取 と 白内障 との 関連性 を調べた 論文 20 本を 解析 した。

 その結果、食事由来 の ビタミン A の 摂取 が豊富な人は、摂取 の 少ない人 に比べ
加齢性白内障 の 発症リスク が 19 % 減少 していることが分かった。 同じく 食事由
来 の  ビタミン C, E、ベータカロテン、ルテイン、ゼアキサンチン についても、摂取
の豊富な人の 発症リスク は 少ない人 より 10~20 % 減っていた。

 ただし、ビタミン Eベータカロテン サプリメント で 摂取した場合は リスク
は下がらかった。 

 更に 1 日 当たりの 摂取量 と 発症リスク の関係を見ると、食事由来( 以下同 )の
ルテイン 摂取 が 10 ㎎ 増える毎に リスク は 26 % 減少。 ビタミン C は 500 ㎎ 増え
る毎に 18 %、ベータカロテン は 5 ㎎ 増える毎に 8 %、リスク が減っていた。 ビタ
ミン A, C、ベータカロテン、ルテイン緑黄色野菜 に多い。

 加齢性白内障 を 予防 するためにも、厚生労働省推奨 の「 野菜 は1日 350 g 以上、
そのうち 緑黄色野菜 を 120 g 以上 」が 必要 だろう。

                (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

             新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より


安全性の再検証を
 除草剤 などに使われている 化学薬品 グリホサート について、世界保健機関 WHO
の 外部組織 である 国際がん研究機関 は 2015 年、殺虫剤 マラチオン などと共に 発がん
リスク が 2 番目に 高いグループ に指定した。

 この グループ は、ヒト に対して「 恐らく発がん性がある化学物質 」の カテゴリー分
類 とされているが、グリホサート は 現在も 多くの国で 使用 が 許可 されている。

 そんな中、米ワシントン州立大 の マイケル・スキナー博士 らの 研究チーム は、ネズ
ミ の 実験 で グリホサート が 次世代以降 の 子孫 の 前立腺疾患腎臓病 などの 発症リ
スク を 引き上げる可能性を 示唆して話題を呼んでいる。

 研究チーム は グリホサート生殖細胞 に作用した場合、影響 が 孫 の 世代 に出現す
る「 隔世的影響 」に注目。 妊娠中 の メス に 一時的に 許容量 の グリホサート を 投与
後、親世代、次世代( F 1 )、孫世代 (F 2 )、曾孫世代( F 3 )における 種々の 病気
の 発症率 を 解析 した。

 その結果、親 世代 と F 1 世代では 健康 への 影響 はなかったが、F 2 及び F 3 世代で
前立腺疾患肥満症腎臓病卵巣疾患 及び 先天性奇形 の 発症率 が 有意に高いことが
分かった。

 F !、F 2、F 3 世代 の 精子デオキシリボ核酸DNA )が メチル化 されていたこと
から、グリホサート 生殖細胞 に影響を及ぼし、その結果として、F 2、F 3 世代 で
を 引き起こしたと スキナー博士 は考察する。

 グリホサート は 1970 年に発売されてから 50 年近くが経過しており、ヒト への 影響
は F 2 世代 に突入している。 一方、前立腺疾患肥満症 などの 病気 は 2000 年 過ぎ
から 急増しており、その 要因 の 一つとして グリホサート の 関与 を 否定 出来ないので
はないか。

 健康長寿 を目指すためにも 安全性 の 再検証 が必要だろう。

                  (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

                   新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より

↑このページのトップヘ