「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

 アルツハイマー病 は、認知症の原因疾患 で最大の割合を占める。未だに 原因不明難治性
神経変性疾患 で、記憶や学習 などの 認知機能 が徐々に低下していく。 現在、4種類の治療薬
が認可されているが、いずれも病気の進行を止める薬ではない。

 仮に早期に診断され、薬の治療を開始しても、最終的には 介護生活や寝たきり状態 を回避で
きないのが現状である。

 そんな中、米国のフロリダ・アトランティック大のジェームズ・カルビン教授は、アルツハイマー
病の予防戦略 に注目。 予防効果 に関する科学的証拠が記載された既存の論文を包括的に調
べ、アルツハイマー病のリスク因子 を減らすことによって 約30%の発症を予防 できるだろうと
結論して話題を呼んでいる。

 カルビン教授が着目した発症リスクとは *糖尿病 肥満 高血圧 睡眠時呼吸障害
と喫煙 高コレステロール血症 虚血性心疾患 うつ病 ストレス 外傷性脳障害
体活
動の少ない生活スタイル 脳への刺激の少ない生活や不健康な食生活 ーーー である。

 各個人によってそれぞれの 発症リスクの寄与率 が異なることから、予防戦略 が一人ひとり
別化 されることの重要性をカルビン教授は指摘している。

 つまり、運動 しない人に対しては 日常生活の活動性 を上げるように、タバコ を吸う人には
を、不健康な食生活 の人に対しては ファストフードや加工食品 を減らすように指導する。

 あるいは、脳への刺激 の少ない人に対しては生活の中で コンピューター を使ったり、芸術品や
工芸品 を作製したり、グループ討論 に参加したり、音楽鑑賞 などの趣味を持ったりするように指
導する。  そういった 個別化された予防戦略 が有効だろう。
                                                                     
                                                                      <白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長> 
                      新聞記事 Dr.白澤 100歳への道   より転載
       

 高齢期 になると 筋肉量が減少 する。 この現象は サルコペニア と呼ばれ、転倒リスク を高め、
介護の要因 になっている。 予防 のために、毎日のウォーキング 定期的な運動 の必要性が
唱えられているが、食事やサプリメントによる予防法 については、殆んど報告がなかった。
 
 そんな中、カナダ・マクマスター大のスチュアート・フィリップス博士らの研究チームは、ホエイプ
ロテイン などに サルコペニアを予防 する効果があることを明らかにした。 ホエイプロテイン
牛乳 に含まれる タンパク質 で、ヨーグルトの上澄みのタンパク成分 として知られている。

 70歳以上の高齢男性49人を2群に分け、第1群はホエイプロテインクレアチニンビタミンD
カルシウム魚油 を含んだドリンク、第2群は 上記の成分を含まないドリンク をそれぞれ6週間
摂取した後、両群とも 週2回の筋力トレーニング 週1回のエルゴメーターを用いたインターバ
トレーニング を6週間行った。

 研究チームは、ドリンク摂取 の前後と、トレーニング の前後で被験者の 筋肉量と筋力 を測定
した。

 その結果、第1群のみで ドリンク後 筋力と筋肉量が増加 していることが分かった。 また、
については、両群とも トレーニング後に増強 が認められたが、上半身の筋力増強 は第1群の
方が顕著だった。

 フィリップス博士は、今回用いた ホエイプロテイン を含むドリンクのみで 増加した筋肉量 が、同
年代の男性が 通常1年間に失う筋肉量に相当 する点を強調。 高齢期の栄養学的介入 サル
コペニアの予防に有効 であると考察している。

 高齢期の体力を維持 するためにも ホエイプロテインやビタミンD、カルシウム、魚油 の豊富な
食材を 積極的に摂取 するとよいだろう。
                                                                <白澤卓二 ・ お茶の水健康長寿クリニック院長>

                          Dr.白澤 100歳への道 より転載

 

 

 緑黄色野菜 の摂取と 動脈硬化やガン などの 生活習慣病の予防効果 の関連性について
は多数の研究報告がされてきたが、認知機能 との関連性についての報告はあまりなかった。

 緑黄色野菜 に含まれる栄養素 ルテイン は、目の網膜 神経を保護 する働きがあること
が知られている。
 米イリノイ大のナイマン・カーン博士らの研究で、ルテイン の濃度の高い人は 中年期 にお
いても 認知機能の加齢性変化 が遅いことがわかり、話題を呼んでいる。

 研究チームは25~45歳の 健常人 を対象に、点滅光への反応性 から 網膜のルテイン濃
を計測。一方、脳の認知機能 注意力作業中の脳波 を解析して測定した。
 具体的には、右向きや左向きの矢印がランダムに表示されるコンピューター装置を使い、右
向き矢印のみに注目するという 「フランカー課題」 を解く被験者の作業中の 脳波のパターン
を解析した。

 その結果、網膜のルテイン濃度 が高い被験者は年を取っても フランカー課題 作業中の脳波
は若者と同様のパターンを示し、脳の神経活動の加齢性変化 が極めて少ないことが分かった。

 網膜 と同じく、でも ルテイン 神経細胞を保護し加齢性の細胞障害が抑制 された結果、
中年期でも若者と同様に 注意力や集中力が保持 されたとカーン博士は考察している。

 ルテイン については従来、高齢者の認知機能低下 との関係が調査対象だったが、今回の調
査で 脳の神経活動 中年期から加齢性変化 を示すことが明らかになった。

 ルテイン は人の 体内で作れない栄養素 で、緑黄色野菜 のほか 卵やアボガド などに豊富に
含まれている。中年期や高齢期の 注意力、集中力 を保つためにも、若い頃から ルテイン を多
く含む食材を積極的に摂取したい。
                                                          <白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長>
              
                         新聞記事 Dr.白澤 100歳への道 より転載
   

↑このページのトップヘ