「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

卵の積極摂取が有効か
 厚生労働省は2015年、男性 750 ㎎ 、女性 600 ㎎ 未満としてきた 1 日の コレステロール
摂取基準を撤廃し、 摂取推奨量を 1 日 1 個以下としてきた栄養指導基準を見直した。
卵黄 に含まれる コレステロールレシチン 認知機能維持 に重要な役割を果たすこ
とも再確認され、認知症予防 栄養学 でも が見直されている。

 そんな中、 摂取が 運動後 筋肉合成 を増強するという米イリノイ大の研究結果が話題を
呼んでいる。 高齢期 には 加齢性筋肉量低下症(サルコペニア)歩行障害 転倒 が起こり
易くなることから、この研究成果により 高齢期 タンパク質 摂取における の重要性が再確
認されたと言える。 

 ニコラス・ブード博士らの研究チームは、卵黄 には 卵白 にない栄養成分があり 筋肉 タン
パク合成 に重要な役割を果たしている可能性に注目した。

 健常被験者10人を対象に、30分の 筋トレ の後、① タンパク質 18 g に相当する 全卵 を摂
取した後と ② タンパク質 18 g 卵白 のみを摂取した後で、血液中 アミノ酸 を測定し、更に
生体検査 によって 筋肉 代謝 および新しく合成された 筋肉組織 の量を調べ、それぞれ比較
検討した。

 その結果、分解された アミノ酸 の量や 筋肉細胞 代謝 ① ② で同等であったが、運動
より新たに合成された 筋肉組織 の量は  ②  に比べ  ①  の方が  41%  も多いことが分かった。
卵黄 には 卵白 には含まれない ビタミンミネラル成分DHAリン脂質 などの 脂肪成分
豊富に含まれていることから、それらが 運動後 筋肉組織再生 に関与しているとブード博
士は考察する。

 高齢期 には 認知症 サルコペニア予防 が重要課題であるが、認知機能低下
筋肉量低下 の両方を予防できる 食材 として有望と言えるだろう。


                                                                      ( 白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長 )

                                   
新聞記事 Dr. 白澤 ” 100 歳 への道 ” より  転載
      

 

マウス実験で認知機能改善
 糖尿病 アルツハイマー病 の発症リスクを 2倍 にするが、糖尿病 を制御できれば アルツハイ
マー病 を合併した 糖尿病患者 認知機能 を改善させられるのか? 英ランカスター大のクリス
チャン・ホルシャー博士らの研究チームは インクレチン という ホルモン に着目した。

 インクレチン インスリン の作用を増強させる 消化管ホルモン の総称で、その作用を高める
口薬 注射製剤 糖尿病患者 に広く使われている。 研究チームは、こうした インクレチン製剤
の中の一つが、インスリン を分泌している 膵臓 ベータ細胞 のみならず 神経細胞 にも作
用する点に注目。  

 6ヶ月齢の アルツハイマー病 マウス にその製剤を 2ヶ月間、毎日 注射し続け、8ヶ月齢 マウ
認知機能、アミロイド 沈着量、脳 炎症、神経栄養因子 分泌 を検討した。 一方、対照
ネズミ には 毎日、生理食塩水 を注射した。 製剤 を注射された マウス は対照群に比べて、明
らかに 空間記憶 が保持されており、学習機能 も改善していたのである。

 解剖して を調べると、アルツハイマー病 の病変である 老人斑 が減少し、炎症 が抑え
られていた。 更に 神経栄養因子 対照群 2倍 も分泌されていて、海馬 での 神経幹細胞 の活
発な 神経再生 が認められた。


 今回の結果は マウス 実験結果 ではあるが、実際に臨床で使用されている薬に 認知症 改善
効果 が認められたことから、ヒト での 臨床治験 での良い結果が期待できるとホルシャー博士は力
説する。 

 インクレチン製剤 糖尿病 を合併していない 認知症患者 認知機能 を改善させる効果があるか
などは、今後 研究課題 だ。
                                                                  ( 白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長 )

                     新聞記事  Dr.白澤 ” 100 歳 への 道 ” より 転載          

 人は 飢餓 を経験したり、ストレス を受けたりすると無性に 甘いもの が欲しくなることが知られて
いる。 


  愛知県岡崎市の生理学研究所の箕越晴彦博士らの研究チームは、視床下部 にある 「
Hニューロン 」 と呼ばれる ストレス に反応する 神経細胞 が活性化すると、動物は 脂肪 ではな
炭水化物 を選ぶことを明らかにして話題を呼んでいる。

 絶食 飢餓ストレス だから、研究チームが マウス 飢餓状態 に置くと、CRHニューロン が活
性化して 脂肪食 より 炭水化物食 を選択した。 更に、この ニューロン を活性化する 酵素 を常に
スイッチオンの状態にするような 遺伝子操作 実験マウス に加えると、飢餓状態 にならなくても
炭水化物食 を選択し、肥満症 を発症した。

 逆にこの 酵素 を抑制すると、マウス 飢餓状態 になっても 炭水化物食 ではなく 脂肪食 を選択
した。  脂肪食 を選んだ マウス 肝臓 脂肪 を分解して ケトン体 を作り、エネルギー源 として使
ケトン体質 になった。 一方、炭水化物食 を選んだ マウス 炭水化物 が分解されて出来る
ルコース
エネルギー源 とする 糖質体質 になった。


 糖尿病 肥満症 の患者に 糖質 を好む傾向があることが知られていたが、今回の研究で、糖質
好む 体質 欲求 をもたらしている   視床下部 責任ニューロン が特定されたのだ。
 

 CRHニューロン 動物 ストレス を感じると 副腎 抗ストレスホルモン コルチゾール の分
泌を促す 神経細胞 であることから、抗ストレスホルモン のみならず瞬時に エネルギー源 として利用
し易い 炭水化物 を選択した方が有利であるという 生物学的選択 が働いている可能性を箕越博士は
示唆する。


 糖質摂取 を減らす究極の 生活術 は、ストレス を減らすことであるという 処世術 が科学的に裏付け
られたのかもしれない。
                                                                             ( 白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長 )
                      
                                               新聞記事  Dr.白澤 ” 100 歳 への 道 ” より 転載



 

↑このページのトップヘ