「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです



ビワの美味しい季節がやってきましたね!
今井治療室では、毎年この時期になると室長の家のビワが待合室に並びます。

















運良くおすそ分けにあずかった方もいらっしゃるのではないでしょうか
(*^^*)


枇杷は、種から植えると実がなるまで10年近くかかるのですが、今年は治療室の駐車場にある枇杷の木にも、オレンジの実がなりました!
















さて、枇杷の実は食べてもちろん美味しいのですが、種ばかりで食べる所が
少ないと、敬遠される方も多いと思います。
ですがこの種、とても良い働きをするのですよ。

元々枇杷の葉にはアミグダリンという成分が多く含まれていて、痛みや炎症を軽減させると云われています。
民間療法として、葉っぱは温灸や湿布などに使われて、火傷や傷の治療、内蔵痛などにも応用されています。
本来捨ててしまう種には、このアミグダリンが葉の1300倍も多く含まれているそうで、塩漬けや焼酎漬けにすると、薬効成分を余す事なく頂くことが出来るのだそうです。

気をつけたいのは、このアミグダリン、青酸成分が多いので食べ過ぎるとかえって毒になってしまうこと…
心配な方は、焼酎漬けにして湿布として活用するといいですね。

葉っぱの活用法や種の使い方など、興味のある方は、お気軽に治療室スタッフにお尋ねください(*^^*)

こんにちは。カイロプラクティック担当の森本です。

このあいだ電車に乗っていたときに、ふと液晶画面に流れている
コマーシャルを見ていると、短くなった鉛筆どうしをつなげることができる
鉛筆削りの紹介をしていました。

カイロプラクティック用のレントゲン分析で鉛筆を使うのですが
短くなってしまった鉛筆がたくさんあるので興味津々で見てみました。

まず短くなった鉛筆のとがっていない平らな部分にキリを使うように
穴をあけます。
もう一本の鉛筆の先を、その形に合うように削ります。
開けた穴に差し込むように、二本の鉛筆を木工用ボンドで
くっつければ出来上がり。

ネットでは動画もアップされているので、ご興味のある方は調べてみてください。
鉛筆好きの方なら、きっと欲しくなると思います。

なかなか入手困難のようですが、いつか手に入ったら、治療室の受付に
つなげた鉛筆を置いておきますね(笑)

 初めまして。今井治療室 室長の今井素子です。

 鍼灸やカイロプラクティックと聞くと、どんなイメージをお持ちですか?

 ”効果はありそうだけど、針は痛そう” ”カイロプラクティックは何をやっているかよく分からない”
などの感想を良く耳にします。

 ホームページをリニューアルしたのを機会に、鍼灸やカイロプラクティックについて良く知って頂きたくて、治療室の皆でブログを始めるを始めることにしました。

 何気ない日常を、より良く暮らすお手伝いが出来たらなと思っています。これからのお付き合いよろしくお願いします。

 

↑このページのトップヘ