「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

日常生活の中で、自分の頭の重さを意識することは少ないと思います。

年齢、性別の違いや体格差によって違いはありますが、大体自分の体重の10分の1くらいだと言われています。大人になると4~6キロくらいあります。
ボーリングで使う玉や、5キロのお米など想像していただければ、かなりの重さの物を首で支えているのが分かると思います。

その重たい頭が傾いている状態のまま日常生活を送っていると、重心がずれることによって首や背中、腰や膝、足にまで余計な負担がかかり、痛みやコリなどの原因になります。
また脳から出た神経は背骨の中を通り、全身にはりめぐらされていますので、背骨が歪みバランスが崩れると、その神経機能が低下し様々な症状に繋がります。

(脳から出た神経は背骨の中を通り、そこから全身に枝分かれします)
脳と神経

重たい頭を支えている第一頚椎・アトラスはシンプルな形をしています。
アトラスの名前の由来はギリシャ神話に出てくる宇宙を支えるアトラス神からとられています。

アトラスを上からみたところ)
アトラス

このアトラスの上下にある頭の骨と第二頚椎の間には、椎間板が存在しません。その結果、背骨の中で一番動きがある骨だと考えられています。
実際に首を左右に回す動きの約50パーセントは、この部分でおこなわれています。一番動きがあるということは、一番複雑に変位しやすい部分でもあるのです。
神経が枝分かれしている図の写真を見ていただくと分かりますが、頭のすぐ下にあるアトラスが変位することで、その下すべての神経の伝達に悪影響を与えてしまいます。

第一頚椎アトラスを矯正し、頭の傾きや捻じれを背骨に対して真っ直ぐ水平な状態にするのが
アトラスオーソゴナルカイロプラクティックです。
(HP上のアトラスオーソゴナルカイロプラクティックもご覧ください)

今井治療室では施術の前に、提携している医療機関にてレントゲン撮影をしていただいております。
レントゲン画像から頭の傾きや、アトラス及び頚椎の変位を、0,25度単位の角度で細かい分析をすることによって、その患者さんにあった正しい矯正の方向や角度、骨の形状や位置などを知ることができます。
その情報があることで、とても小さく弱い力によってアトラスを矯正することが可能になります。

アトラスを矯正し真っ直ぐに頭が支えられている状態をつくることで、首や肩、腰にかかっていた負担から解放され、神経の機能が良くなることで、本来人間が持っている「自然治癒力」が最大限に発揮されることでしょう。

坐禅をすると心の安定物質セロトニンが増える

 

先日、お陰様で当室主催坐禅会、関の会は318回を迎えました。

ありがとうございます。

坐禅を行うと何が良いのですか?とよく聞かれます。

良導絡カルテを例に出し、説明します。

自律神経が安定してきます。ばらつきがなくなり、生理的範囲に落ち着きます。-

 

 有田秀穂先生の研究では

 ①  セロトニンは脳を活発に働かせ、気持ちをコントロールし良質な眠りに誘う

 セロトニン1
  呼吸法前後はセロトニン濃度が増える
セロトニン2
  参照 日経 Health premie (ヘルス プルミエ) 2008 08月号

 

 

 坐禅20分前後に良導絡カルテを作成しました。 

坐禅前―自律神経のばらつきが少しある
直前
 

 ②坐禅終了直後―ばらつきが少なくなる

セロトニンが上昇したと推測される
直後

 ③終了30分後―生理的範囲に落ちつく

セロトニンのさらなる上昇が推測される。
 
30分後 

坐禅直後のセロトニンと自律神経の関係が示唆され、わくわくしました。
 

 

先日、日本良導絡自律神経学会第546回研修会にて良導絡カルテの特徴についてお話をしてきました。

今後も良導絡カルテの醍醐味を紹介していきたいと思います。
カルテ

室長 今井でした

患者が多様なアレルギー反応を引き起こすのは、患者の体内に何らかの
アレルゲンが入っている時で、そのようなとき、以前は無害だった物質や電
磁波に曝されると、唐突にアレルギー症状を発症することがあるという。
極端な場合、一人の患者が凡そ100 種類もの異なる刺激に反応することも
あるというのだ。

複数のアレルゲンに反応するようになるきっかけは、殺虫剤、医薬品、溶剤、
香料、煙、排気ガス、食品添加物、カーペットなどの加工剤といった化学物
質との接触である。

これらの物質(あるいはその痕跡電磁波)が、生体のコントロールシステムの
反応を引き起こし、その結果、倦怠感、呼吸障害、集中力の低下などという
初期症状が現れるらしい。

こうして一度感受性が生じると、次回アレルゲンに接触した時には、短時間の
接触で即座に反応するようになる。
この最初のアレルゲンに対する反応が起きている間に、第二の物質または
電磁波に接触すると、それらに対しても敏感に反応するようになって、過敏
症が重なっていくのだそうです。

そして、、人によっては、数百種類もの物質やその痕跡電磁波でアレルギー
症状を起こすようになるのだそうです。
電磁波過敏症に関心のある医師などは殆んどいないので、問題の原因を知
らないまま、症状だけを治療することになるのだという。

電磁気アレルギーは医学的に殆んど知られていない症状で、例えば 60Hz
の電気にに過敏な人は、見えない場所にある変圧器の傍を通ったり、トース
ターなどの家電製品に近づいたりするだけで、めまいや吐き気、偏頭痛など
を引き起こすことがあるらしい。

そのような患者に対して、医師は薬を投与するが、薬は副作用を引き起こし、
今度はその副作用を抑えるための薬が追加されることになる。
こういった悪循環から抜け出すには、身の回りの電磁気環境に目を向けて
みるといい、人によっては、電磁波を避けることで速やかに症状が消失する
ことがあるということです。

電磁波は両刃の剣であるらしい。
ある周波数が有害であったとしても、他の周波数によって治癒が促せる可
能性があるのだそうだ。また、一口に有害といっても、不快感をもたらすだ
けの場合もあれば、生命が脅かされる場合もあるという。

細胞レベルでの電磁波の作用を調べるには、培養細胞を用いた研究が最
も有効らしく、これまでの研究結果によると、50~60Hz の周波数を持つ弱
い電磁波が有害で、2、7、10、15 Hz という低周波の微弱な電磁波には、
それぞれ神経、骨、靭帯、毛細血管の組織の治癒を促す作用があるという
ことです。

↑このページのトップヘ