「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

 海馬 短期記憶 で重要な役割を果たしていることが知られている。 アルツハイマー病
が進行し 海馬 が萎縮すると、数時間前の 記憶 も保持できなくなる。 一方、固有名詞 などの
期記憶 大脳皮質 で保持されていることから、大脳皮質 海馬 と同様に 記憶 の保持に重要
な役割を果たしていることも分かった。

 最近の研究で、アルツハイマー病 では 50代前半から 大脳皮質 アミロイド 沈着が観察され、
固有名詞が思い出せないなどの 記憶力障害 が先行症状として出現すると考えられている。

 そんな中、米カリフォルニア大と筑波大の共同研究チームが、軽度の運動 で 海馬 大脳皮
機能的結合 が良好になり 記憶力 が向上することを明らかにして話題を呼んでいる。

 研究チームを率いた筑波大の征矢英昭教授は、記憶 の メカニズム として 海馬 大脳皮質
機能的神経結合 が大きな役割を果たしている点に注目。 

 認知機能 が正常な36人を対象に、自転車を使った 10分間の 軽い運動 の前後で 記憶力テ
を実施し、機能的磁気共鳴画像化装置 ( f MRI ) による 海馬 大脳皮質 機能的神経結合
を検討した。 その結果、ストレス を感じないような 10分間の 軽度 の運動でも 記憶力 が向上す
ることが分かった。

 更に  f MRI で解析すると、記憶力向上 に伴い 大脳皮質領域 のうち 左脳頭頂葉 の 「 角回 」、
左脳側頭葉 の 「 紡錘状回 」、「 海馬傍回 」 と呼ばれる計 3ヵ所の領域と 「海馬歯状回 」 との間
機能的神経結合 が増強されていることが分かった。

 今回の研究で 軽度の運動 によって 記憶力 が向上するメカニズムの一端が解明された。 日々
の生活の中に短時間の ウオーキング 太極拳 など軽度の運動を取り入れることで 記憶力 を高
めることが期待できる。                           
                           (白澤卓二 ・ 御茶の水健康長寿クリニック院長)

                  新聞コラム  ” Dr. 白澤 100 歳への道 ”  より 転載
                   


 

には 「 手ぶれ防止機能 」 が備わっている
 電車の中で隣の人が読んでいる新聞や雑誌を、は表面を向いたままで 眼球 だけを動か
して、こっそり覗き見たことはありませんか?

 は、上下左右 と好きな方向に動かして物を見ることができます。 これは、眼球 六つの
筋肉 が付いているからです。 何故 六つも筋肉が必要かというと、が動いても、視線
を一定に保って見えている画像が動かないようにするためなのです。
 
 つまり、「 手ぶれ防止機能 」 というわけです。

 試しに、本を手にとって文字を読みながら、を上下左右 に動かしてみてください。
 
 いかがでしょうか? 
 
 視線 が 本 の同じ場所に固定されて、ちゃんと 文字 が読めますよね。 それでは次に、
動かさずに 本 を 上下左右 にぐるぐると動かしてみてください。
 が追随できなくて 文字 が読めなくなったと思います。 この動きを続けていると、が回っ
気分 が悪くなります。

 「を動かすこと 」 と 「 を動かすこと 」 では、見え方がまったく違うのです。 これには、
だけではなく も関係しています。

 の動きを感じとり、それに合わせて 眼球 を動かす機能が、に備わっています。 
上下左右 に動かすと、の奥にある 「 半規管 」 という場所で 回転運動 を感知します。 この
情報が に伝えられると、からは 「 の動きと逆の方向に 眼球 を回転させるように 」 と、
の筋肉に指令が送られます。

 この 反射 の働きで、が動いても に入る画像が ブレにくく なるのです。
 この 「 手ぶれ防止機能 」 が働くので、私たちは走っている電車の中でも 本 が読めるのです。

のバランスは の中でとっている
 普段は意識していませんが、バランス を保つ 平衡感覚 は重要なものです。 平衡感覚
に問題が発生すると、外界 自分 との位置関係の安定を失って クラクラ した感じを受けます。
それが 「 めまい 」 です。

 平衡感覚 を担っている器官は、の中にあります。

 私たちは、「 半規管 」 という半円形の管が知恵の輪のように三つ組み合わさった 「 三半規
」 と、その中心にある 「 前庭器官 」 で、体の動きを感じ取っています。
 これらは袋のようになっており、感覚毛 と呼ばれる毛が密集した 有毛細胞 リンパ液 が入っ
ています。

 体の動きに合わせて流れる リンパ液 に刺激されて、有毛細胞 が動きを感じる仕組みになって
います。

 三半規管 は主に の回転 に反応しており、前庭器官 は上下左右の 頭の傾に反応してい
ます。 したがって、これらの器官がうまく働かなくなると、平衡感覚 が失われて 視線 も不安定に
なり、歩く ことも困難になるのです。  
 
 は別々の器官と思いがちですが、実は 連動 しているのです。


                           坂井建雄 著 ” 面白くて眠れなくなる人体 ” より

  
 

鼻の孔は交互に呼吸している
 の孔はどうして二つあるのでしょう?
 また、多くの人は、左右の の孔から空気を同時に吸い込んで呼吸していると思っている
のではないでしょうか。

 ところが、実際には、は交互に孔を使って呼吸しているのです。

 体がそれほど 酸素 を必要としていない時は、片方の 鼻甲介 ( 鼻の中にある粘膜で覆われ
たヒダ) を 膨張 (充血) させて空気の通りを塞ぎます。 こうすることで、一方の を休ませて、
効率よく呼吸しています。 つまり、は省エネ をしているのです。 また、敏感な 嗅覚 を休ま
せるという意味もあります。

 左右の の孔を交互に使っていると、どちらか一方が空気を吸う量が多くなります。 する
と、いわば 「 利き鼻 」 になり、左右の の孔の嗅ぎ分ける能力にも差が生じるのです。 
の通りが良い方が、より ニオイ を感じ易くなります。

 左右が交代する周期は個人差がありますが、大体 1~2 時間毎 と言われています。

どうやってニオイを感じているのか
 嗅覚 は、危険から身を守るための大事な感覚です。 そのため、動物の 嗅覚 は、かなり発
達しています。 しかし、人間 は文化的な生活をするにしたがい、嗅覚 が退化しました。 それ
でも、生活するうえで 嗅覚 は、やはり重要な働きをしています。

 ニオイ を感じるのは、鼻腔 の最上部にある切手一枚ほどの大きさの 嗅覚器 です。 ここには
嗅粘膜 があり、その中にある 「 嗅球 」 という 受容細胞 が、ニオイ を感知しています。
 味に 甘い、苦い、辛 といった基本となる味があるように、ニオイ にも 原臭 があります。

 腐敗臭、刺激臭、エーテル、ショウノウ、ジャコウ、芳香、ハッカ 。 これらの ニオイ嗅球
選り分けています。 
 
 人間の ニオイ受容細胞 は約 500万個ですが、は約 2億個と推測されています。 その
うえ、感度も 人間 よりずっと優れています。
 犬の 嗅覚 人間 とは比較にならないほど鋭敏で、例えば の一成分を嗅ぎとる能力で比べ
ると、人間 100万~1億倍の能力を持っているのです。

 さて、が詰まると ニオイ が分からなくなるのは、無意識に 口呼吸 をするようになるため、
の流れが変わって  「 嗅球 」 まで届かなくなるからです。
 
 通常の 呼吸 の場合、鼻腔 では空気が下の方を流れるので、ニオイ が拡散していまいます。
そこで、クンクン と 呼吸 を小刻みにすることで、空気が効率よく 嗅球 に届いて ニオイ がより感じ
られるようになります。  

 しかし、嗅覚 はとても デリケート で、また疲れ易いので、最初は ニオイ を感じても、しばらくす
ると鈍くなり、何も感じなくなってしまいます。
 ガス の ニオイ でさえも臭くなくなるのです。 ガス中毒 は、この 嗅覚 が鈍ったことで起こります。

                                                                       坂井建雄 著 ” 面白くて眠れなくなる人体 ” より
 


 

↑このページのトップヘ