「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

 グレリン は 胃 から 分泌 される ペプチド ホルモン で、脳下垂体 に 作用 し 成長 ホ
ルモン の 分泌 を 高進、視床下部 に働き 食欲 を 増進 させる 働き が知られている。

 絶食 すると グレリン の 血中濃度 が上昇 し、食事 をすると 低下、肥満者 では グレ
リン の 血中濃度 が低く、痩せ 状態 では 高い ことから グレリン空腹 ホルモン
も 呼ばれている。

 最近 の 脳 研究 で、記憶・学習 に 重要 な 役割 を 果たしている 海馬 にも グレリン
受容体 が 存在 することが分かったが、認知症 における 記憶 障害 に 関しては 関連性
が 明らか ではなかった。

 そんな中、米 テキサス大 ダラス校 の ヘング・ドウ博士( 生物科学 )らの 研究チー
ム は アルツハイマー病 で 蓄積する アミロイド β たんぱく が 海馬 の グレリン 受容
体 に 結合 することにより 記憶 障害 をもたらしていて、グレリン 受容体 を 活性化 す
る 薬剤 が 記憶力 の 回復 に 有効 である 可能性 を 示唆し 話題 を呼んでいる。

 研究 チーム が アルツハイマー病 患者 の 剖検脳 の 海馬 を 調べた 結果、グレリン
受容体 に アミロイド β たんぱく が 結合して、グレリン の 作用 が 海馬 で 阻害 され
ていることが 分かった。

 更に 研究 チーム が 遺伝的 に グレリン 受容体 を 欠損 した マウス を作ると、マウ
ス は 短期 記憶 の 障害 を受け、アルツハイマー病 の モデルマウス に 酷似 した 認知
機能 障害 を呈した。 欠損 マウス では 海馬 で ドーパミン 受容体 の 活性 も 失われ
ていることから グレリン 受容体 と ドーパミン 受容体 が 複合体 を 形成 することによ
り 記憶 の 形成 に 関与 していることが 分かった。

 興味 深い ことに 研究 チーム が アルツハイマー病 の モデル マウス に グレリン
容体 を 活性化 する 物質 と ドーパミン 受容体 を 活性化 する 物質 を 同時 に 投与 す
ると、モデル マウス は 記憶力 が 保持 され、脳 に アミロイド β たんぱく が 蓄積 し
ても 記憶 障害 を 呈しない ことが 分かった。

 これまで 多くの人 が、空腹時 にはよく 記憶 出来るが、食後 は 記憶力 が 低下 する
経験 があったと 思うが、食後 に グレリン の 血中 濃度 が 低下 するために、海馬 の
記憶力 が 低下 していたのかもしれない。

 また、絶食 療法 が 認知 機能 を 改善 する 効果 が 話題 になっているが、絶食 の 効
果 も グレリン が 関与 しているのかもしれない。 記憶力 障害 は 認知症 の 中核 症状
であり、記憶力 を 改善する 薬 の 開発 が 期待 されている。

                                                              (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

            新聞コラム Dr. 白澤  ” 100 歳への道 ” より


 アルツハイマー病 については、アポ E 遺伝子 の 一部 のタイプ( 型 )を 保有する
人の 発症リスク が 高い ことが 知られている。 ただ 最近 の研究では、アポ E 遺伝
子 だけでなく 多数の 遺伝子 が 関与 すること、生活習慣 などの 環境要因 が 重要 な
役割 を果たすことも 報告 さている。

 そんな中、認知症遺伝要因 を持っていても、生活習慣 を見直せば 発症リスク を
下げられる との 英 エクセター大 の デビッド・ルウェリン博士 らの 報告 が 話題 を
呼んでいる。  

 研究チーム は 英国在住 の 認知機能 が 正常な 健常高齢者 の 男女 19 万 6383 人
( 平均年齢 64 歳 )を対象に、遺伝要因生活習慣要因認知症発症 との 関連性
を、平均 8 年にわたり 追跡調査 した。

 遺伝要因血液検査 で リスク を 5 段階評価。 一方、生活要因 は 喫煙、定期的
な 運動習慣、健康的な 食生活、適度な アルコール摂取 の 4 項目を アンケート し、
健康的、普通、非健康的 の 3 段階で 評価した。 調査期間中 に1769 人が 認知症
発症 した。

 解析 の結果、遺伝リスク が低く、かつ 健康的 な 生活習慣群 の 発症リスク を「1」
とした場合、遺伝リスク が 低く 非健康的 な 生活習慣群 の 発症リスク は 1.52 だった。

 遺伝リスク が 中程度だと、健康的 な 生活習慣群 の 発症リスク が 1.36 だったのに
対し、非健康的 な 生活習慣群 の 発症リスク は 1.70 。 更に 遺伝リスク が 高いと、
健康的 な 生活習慣群 の 発症リスク は 1.95 、非健康的 な 生活習慣群 の 発症リスク は
2.83 だった。

 ルウェリン博士 は、認知症遺伝要因 があっても 生活習慣 を改善すれば 発症リ
スク を 45 % も 減らせると 推察 する一方、環境 より 遺伝 の方が 発症寄与率 が 高い
点 も 指摘。 遺伝子検査 の重要性 を 強調する。

 いずれにせよ、親 が 認知症 と 診断 されたら 自分自身 の 生活習慣 を見直す 必要
があるだろう。
                                                     (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)
 
             新聞コラム Dr.白澤  ” 100 歳への道 ” より

生活習慣 の 構造 を変える
 大脳 には 灰白質( 大脳皮質 )と 白質 があり、灰白質 には 神経細胞 の 細胞体 が
局在するが、白質 には 神経細胞 から伸びた 軸索 が局在していて 情報伝達 に 関与
している。

  認知症 を発症すると、大脳灰白質 の 神経細胞 の数が 減少 することが 知られてい
るが、結果的に 神経軸索 の 数 も減るので 大脳白質 の 容積 が 小さくなり、 が 萎
縮する。

 一方で、認知症 の MRI( 磁気共鳴画像化装置 )検査では、神経軸索 が 変性
し 白質路 の 走行 が乱れるので、拡散強調画像 で 異常が 検出 される。 神経軸索 は
髄鞘 という絶縁性の リン脂質層 に巻かれることにより 情報伝達効率 を上げているが、
白質 の 微細構造 の 変化 と 認知機能、あるいは 運動 パフォーマンス との 関連性 に
関しては よく理解 されていなかった。

 そんな中、ドイツ の ミュンスター大学精神科 の ヨナサン・レップレ博士 らの 研究
チームは 2 分間 に 早歩き で歩ける 距離( 歩行耐性 )が 長いほど 大脳白質 の 微細構
造の 質 が 高く、認知機能 の パフォーマンス が 高いことを 明らかにして 話題 を 呼ん
でいる。

 研究チームは 健常 な 成人男女( 平均年齢 28.8 歳 )を 対象に、MRI データ から 大
脳白質 の 微細構造 を 解析し、運動 パフォーマンス として 2 分間の 歩行耐性 と、記
憶力、鋭敏性、判断力、推理力などの 認知機能 との 関連性 を 検討 した。

 その結果、歩行耐性 の 高い人は 大脳白質 の 微細構造 の 質 が 高く、認知機能
フォーマンス が 高い ことが分かった。 これまで MRI 画像 で 大脳白質病変 を認め
ると 動脈硬化病変、脳虚血性病変 や 認知症 に伴う 変性病変 と 診断 してきたが、今
回 の 研究 で 運動 パフォーマンス などの 生活習慣 に 構造上の 変化 を もたら
すことが 分かった。

 研究チームは 運動 パフォーマンス の 評価として 歩行耐性 を 指標にしたが、2 分間
の 歩行耐性 には 下肢筋力 よりも 速歩 という 運動 プログラム が大きく 関与 し
ている。

 MRI の 拡散強調画像 は 神経軸索 の 微細構造、つまり 髄鞘 の 量 や 質 を 評価 して
いることから、運動 により 髄鞘 の 質 が 向上することで 情報伝達効率 が 良くなり、
運動認知機能 が 向上した 可能性 を レップレ博士 は 考察 する。

 今回の 研究 で 生活習慣の 構造 を ダイナミック に 変化 させていることが分
かった。 若い頃 からの 生活習慣認知機能 の 維持 や 認知症 の 予防 に 重要 で
あることが 再認識 された。
                                                  (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長) 

            新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より

↑このページのトップヘ