「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

 ミクログリア 」は の 細胞の 5~20 %を占め、神経組織 が 傷害
を受けると、その 修復や、老廃物、異物 を除去する 作用 があることか
ら、中枢神経 の 免疫細胞 としての 役割 を果たすと考えられている。

 ネズミ の 実験では、ミクログリア が 活性化 すると アルツハイマー病
の 原因物質 とされる アミロイド β タンパク質 の 蓄積を抑え、脳内
炎症 を抑制する 作用が報告されている。


 そんな中、米スタンフォード大 の トニー・ワイスコレイ博士 らの 研究
チーム は、ミクログリア の 細胞表面 にある CD 22 という 分子 を 抑制
することで、老齢ネズミ の ミクログリア を活性化して 認知機能 を 改善
させることに成功し、話題を呼んでいる。 

  彼らは CD 22 の 発現量が の 加齢 に伴い 増えることと、高齢期 に
ミクログリア の 機能 が低下し に 老廃物 が溜まることに 関連性があ
る点に注目。

  つまり CD 22 は ミクログリア の ブレーキ のような役割を果たし、高
齢期 にはそれが 強くなると考えた。 CD 22 を抑制する 抗体試薬 を 高齢
ネズミ に投与したところ、ミクログリア が活性化し アミロイド β
タンパク質 を除去することを 確認した。

 抗体試薬 を 長期間投与 された 高齢ネズミ は、そうでない 高齢ネズミ
に比べ、加齢に伴う 空間記憶低下連想記憶低下 が改善していた。
 
 ワイスコレイ博士 は 加齢 に伴いこの ブレーキ を強めている 内因性物
質 があるのではないかと 考察する。 一方で 抗体試薬 投与 により ブ
レーキ が弱まり ミクログリア が活性化することが 証明されたので、
ルツハイマー病 などの 神経変性疾患 に 臨床応用される 可能性を示唆す
る。

 今回の研究から 脳 に アミロイド β タンパク質 が蓄積する アルツハイ
マー病 の 免疫不全 の一種とも考えることが 可能で、今後の 研究
展開 が 期待される。
                                           (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

           新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より  
                                     

軽度の 認知障害、改善の報告も
 私が監修した「 アルツハイマー病 真実と終焉 」の著者、デール・プ
レデセン博士は アルツハイマー病 対策 に ケトン体ダイエット を勧めて
いる。 

 米国で1921年から てんかん 治療食 として実践されている ダイエット
で、低糖質ダイエット に ココナツオイル などを組み合わせて血中の
トン体 を維持する食事法である。 肥満、糖尿病、乳がん の 再発予防
などに対する効果も報告されている。

 そんな中、米ジョンズ・ホプキンズ大 の ジェイソン・ブラント博士 ら
の研究チーム は、ケトン体ダイエット が 軽度認知障害(MCI)及び
初期の アルツハイマー病患者認知機能 を改善する 効果 を報告して
話題を呼んでいる。

 研究チームは 認知機能 が低下した高齢者 14人を対象に、9人に ケトン
体ダイエット( 1日の炭水化物摂取量20㌘以下 )、5人に 米国立加齢研
究所(NIA)推奨の ダイエット( 炭水化物の摂取制限なし )を指導。 
そして  ▽ 指導前  ▽ ダイエット実践 6 週間後 ▽ 12 週間後 ーーー の認
知機能 を比較・検討した。

  その結果、数分前に聞いたことや示されたことを思い出す 遅延想起検査
( 総合点14 ㌽ のテスト )で、ケトン体ダイエット に厳格に従った 5 人
は 6 週間後のテストで 平均 2 ㌽ 以上、記憶力 が改善していた。 しか
し、厳格には従えなかった 4 人は 記憶力 が平均 2 ㌽ 低下していた。
 一方、NIA 推奨ダイエット群 は 6 週間後のテストで、記憶力 が平均
2 ㌽ 低下していた。

 ブラント博士は、大規模に 参加者 を募集したにもかかわらず 最終的
に厳格に ケトン体ダイエット に従えた対象者が 5 人であったことから、
認知機能 が低下した 患者 がこの ダイエット法 を続けることの難しさを
指摘する。
 より実践し易い方法を確立する必要があるだろう。

                                                 (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

         新聞コラム Dr. 白澤  ” 100への ” より 

                                            

 アルツハイマー病 の 患者の脳 で 異常蓄積 する「 アミロイド β 」と
いう タンパク質 には 神経毒性 があり、これまでは アルツハイマー病
の 原因物質 と考えられてきた。

 しかし、アミロイド β は カビ や ウイルス から 神経細胞 を守る 防御
因子 であるという 科学的証拠 が 次々に提示され、アミロイド β の存在
は 病気 の 原因ではなく、慢性炎症 の 結果であるとの 新学説 が 注目さ
れている。

 そんな中、歯周病 の 原因である ジンジバリス菌アルツハイマー病
の 脳 に 実在し、菌 が 分泌する タンパク質分解酵素 が 神経変性 を引き
起こし、菌 に対する 防御反応 として アミロイド β が 脳 に蓄積するとの
論文 が話題 を呼んでいる。

 米国 の 創薬ベンチャー である Cortexyme 社 からの 論文で、筆頭著者
スチーブン・ドミニイ博士 らの 研究チームは、解剖した アルツハイマー
の 脳 で ジンジバリス菌 が分泌する 分解酵素 が 高濃度 に存在するこ
と、この 分解酵素 の濃度と アルツハイマー病 の 重症度 に関連性がある
ことを発見した。

 更に  ジンジバリス菌 に感染させた マウス で アミロイド β が増加した
ことから、アミロイド β は 感染 に対する 防御因子 である 可能性を 示唆
した。

 研究チーム はこの 分解酵素 に対する 阻害剤 の開発にも 成功しており、
培養神経細胞 に 阻害剤 を添加すると 神経毒性 が緩和され、ジンジバリ
ス菌 に感染した マウス の 脳内 でも 神経毒性 が減少することを 確認し
た。

 ジンジバリス菌 は 歯垢 や 歯周ポケット に多く 存在し、45~54 歳の
日本人 の 88 %が 歯周病 にかかっているとの報告もある。
 歯周病 と 心臓病、糖尿病、動脈硬化、肺炎 などとの 関連性 が 指摘
されているが、この リスト に アルツハイマー病 も 追加されたようだ。

 認知症予防 のためにも 中年期 から 歯周病 を早期に 治療・予防 した
い。
                                            (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

           新聞コラム Dr. 白澤 100 歳への道  より

↑このページのトップヘ