「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

から に上がった動物の悩み
 太古の昔、全ての 生物 海の中 で生活していました。 その中の一部の生物が 進化 して
に上がり、両生類 になりました。 この時、 体液の塩分濃度をどうやって保つか というこ
とが、最も大きな問題となりました。
 この問題の解決が、進化 に大きな影響を与えています。

 私たちの体は、食事をして摂り入れた 栄養素 を燃焼させて エネルギー源 にしています。 
燃焼させる 栄養素 は、主に 炭水化物、脂肪、タンパク質。 
  このうち、炭水化物 脂肪 は、炭素 水素 酸素 原子 からできているので、燃焼する
二酸化炭素 が発生します。 両者はもともと 体内 にあるものなので、 に害はありま
せん。

 ところが タンパク質 は、炭素と水素と酸素 の他に、窒素 原子 も多く含んでいます。 タン
パク質 の最小単位は アミノ酸 ですが、アミノ とは 窒素を含んでいる という意味です。
 窒素 空気 の成分の約 80% を占める物質で、他の 元素 と反応して様々な物質を作って
います。 アミノ酸 だけではなく、アンモニア も作っており、そのため、タンパク質 が燃焼すると
代謝産物  として アンモニア が発生するのです。

 さて、生物が の中で暮らしていた時は、 に溶け易い アンモニア は非常に便利で、直ぐ
体外 に逃がすことができました。 単純に 水中 に捨てればよいからです。
 しかし、 に上がった途端、アンモニア は不都合な存在になりました。 何故ならば、アンモ
ニア には 毒性 があるからです。 両生類 の体内に溜まると障害が生じるので、アンモニア
はなく、別の形にして捨てる必要が生じます。

  そこで、窒素 尿素 という形で、尿 の中に入れて捨てるようにしたのです。 尿素 毒性
が少なく、なおかつ にもよく溶けるので好都合でした。

尿素 をどう処理する?
 しかし、進化が進んで 爬虫類 鳥類 になると、尿素 では不都合が生じます。 爬虫類や鳥
は、ご存じのように 子ども で産む道を選んだからです。

  の中で 赤ちゃん が育っていく時 、どのように尿を捨てるか という問題が生じたのです。
尿素 の形では に溶け過ぎてしまい、赤ちゃん 体内に 尿素 が回ってしまいます。

 そこで、今度は に溶けにくくて、少し沈殿するような物質を溜めておき、別に捨てるようにす
る方法をとりました。
 そのために選んだ物質が 尿酸 です。 したがって 爬虫類と鳥類 は、尿酸 という形で 窒素
代謝産物
を捨てています。

 そして、いよいよ 爬虫類 から、私たちの祖先となる 哺乳類 へと進化したわけです。 哺乳類
は、胎児 母親 のお腹の中で育てます。 そうなると、もはや 老廃物 を溜めておく必要はあり
ません。 何故ならば、母親 の体を使って処理できるからです。 尿酸 にしておく必然性はあり
ませんが、わざわざ 尿素 に戻さなくてもいいわけです。  

 しかし、哺乳類 尿素 を使うことを選びました。 窒素 尿素 にすることで、大きな メリット
を得たのです。 それは 「 腎臓で尿を濃縮する 」 という機能で、哺乳類腎臓 は、血液 に含
まれる 塩分 より五倍も高い濃度の 尿 を作ることが出来るのです。

哺乳類 の賢いしくみ
  それでは、哺乳類 は何故 尿 を濃縮する必要ああるのでしょう?
 私たちは、飲食物から 塩分 を摂り入れています。
 ところが、寒い冬に窓ガラスに を吹きかけると曇るように、 には 水分 が含まれています。
また、暑い時には をかきます。  には 塩分 も含まれていますが、水分の方がはるかに多
いのです。

 つまり、体は 水分 を失い易い仕組みになっており、その結果、体内の 塩分濃度 は高くなり易
いのです。
 体液 を調節するためには、塩分 を捨てる必要があります。

 さて、私たちの体には、常に 体液 の濃度を一定に保とうとする ホメオスタシス という働きがあ
ります。 その役目を担っているのが 腎臓 です。

 腎臓 は ソラマメ のような形をしています。 一番外側は 被膜 で覆われ、すぐ内側に 皮質、更
に内側には 髄質 という組織があります。 皮質 では血液を濾過し、髄質 では濾過した血液を濃
縮 しています。 腎臓 の表面に近い 皮質 から、内側の 髄質 の近くまで、 糸球体 という血液
を濾過する フィルター がたくさん備わっています。

 尿素 は、髄質 の中に溜められています。 髄質 では 腎臓 の表面から奥に行くほど、溶けてい
る物質の濃度が高くなります。 溶けているのは、主に 塩分 尿素 です。
 哺乳類の 腎臓 には、尿 を排出する集合管が 髄質 を貫くように走っています。 集合管が 髄質
を通り抜ける時に、周囲の高い 浸透圧 によって 水分 が引き抜かれ、尿 が濃縮されます。

  浸透圧 濃度の低い方から高い方に物質が移動する現象 です。 髄質 では高い
透圧 を作るために、高い 塩分濃度 尿素 を利用しているのです。 したがって、尿 を濃縮でき
るのは、髄質 を持っている 哺乳類 だけです。  

 尿素 は、タンパク質 を燃焼させる時に必ず発生します。 捨てなければならない物質である 尿
を、尿 として捨てる前に利用して 尿 の濃縮に使うという、実に賢い仕組みを 哺乳類 は作り上
げたのです。

ウミガメ から 塩分 を捨てる
 水分 塩分 の調節を 腎臓 が行うようになったのは、哺乳類 だけです。 鳥類 にはちっぽけな
髄質 があり、その他の動物には 腎臓 髄質 がないため、腎臓 から 塩分 を捨てることは出来
ません。

 それでは、他の動物はどの様に 塩分 を捨てているのでしょう。

 例えば 海鳥 の場合は、 の中に 塩分 を捨てる があり、その から 塩分 を排出してい
ます。  また、ウミガメ の場合は に、サメ  の場合は 肛門 塩分 を捨てる が付いていま
す。 魚類 の場合は、エラ が塩分を捨てる役割を担っています。

 もともと の中で暮らしている 魚類 の体内は、海水 と同じ 塩分濃度 だから調節する必要が
ないと皆さんは思っているでしょう。

 ところが、海水の 塩分濃度 3.5% とかなり高いので、殆んどの魚や動物は 塩分 を体外に
捨てることで、海水より低い 塩分濃度 を保っているのです。

 これとは逆に、川や湖などの 淡水 に棲んでいる魚や動物は、塩分濃度 が低すぎるために、周
りから 塩分 を取り込んでいます。 ただ、困るのは 海水 淡水 を行き来している魚です。 サケ
や ウナギ は、塩分 を捨てたり取り込んだりと、切り換える必要があり、魚類でも少し高度な機能
を備えているともいえます。

 また、変わったところでは、軟骨魚類 といわれる サメ や エイ の場合は、体の 浸透圧 が海水と
ほぼ等しくなっています。 サメ や エイ は、塩分濃度 を高くするのではなく、体液 にたくさんの 尿
を溜め込むことで 浸透圧 を高めているのです。

 そのため、サメ エイ は腐ると強烈な ニオイ を発します。 これは、尿素  アンモニア に変
わったからです。

 このように、多くの生物が 塩分 を調節することで、体液 ホメオスタシス を維持しています。 
特に 哺乳類 は、尿 を濃縮する高性能の 腎臓 を獲得したことで、余力を持って 水分 塩分
調節が可能になりました。

 しかし、これだけでは 尿 を濃縮するためには不十分です。

 血液 を濾過し、その後に成分の大部分を 尿細管 で再吸収するために、濾過量をたくさん増や
す必要があるからです。 何故、濾過量を増やす必要があるのでしょう。

 私たちの 腎臓 は、一日に約 200 ℓ の 血液 を濾過しています。

 その一方では、尿細管 を通る間に 99 % を再吸収して 血液 に戻しています。 したがって、出
来上がる 尿 の量は 200 ℓ の 1 % 以下の 「 1.5 ℓ 」 程度になります。

 200 ℓ を濾過して、99 % を再吸収するという  二段階方式 は、とても効率が悪く、一見無駄
なように思えます。 しかし、最終的に 尿 の量と 成分 を調節する能力としては、とても優れてい
るのです。

 例えば、尿 の量を五倍に増やすのは大変なことです。 ところが、二段階方式であれば 99 %
再吸収する 尿 を、95 % の吸収にすればよい ーーー つまり、1 % の尿を 5 % にするということ
です。 再吸収する量を少し調節するだけで、尿の量や成分のバランスを保つことが出来るの
ですね。

 こうして、時々刻々と変化する体の状態に合わせて、尿 の量を多くしたり少なくしたり、濃くした
り薄くしたりして、私たちは ホメオスタシス を実現しています。

腎臓 が変わると他の臓器も変わる
 陸上での生活を送るために、哺乳類 腎臓 を進化させました。 これほど大掛かりな働きを
担うためには、腎臓 を変えただけでは機能しません。 全身 の改善が必要になります。

 まず、腎臓 血液 を濾過するには、高い 血圧 が必要になります。 他の動物に比べて 哺乳
血圧 が高いのは、腎臓 の機能が複雑だからでもあります。

 私たちの 心臓 は、左右の ポンプ が壁を隔てて完全に別れている 二心房二心室 です。 
体循環  と 肺循環 が分離されているので、動脈血 静脈血 が混ざることがなく、体循環
を高くすることが出来ます。  

 しかし、両生類 などは 二心房一心室 のために 動脈血 静脈血 が混ざり、体循環
循環
血圧 は等しくなっています。 つまり 体循環と肺循環の分離 こそが 両生類 から
哺乳類 への進化であり、体循環 血圧 を高める進化でもあったのです。

 また、血液 を濾過するためには、腎臓 の濾過装置である 髄質 にある 糸球体 血管 も、壁
を薄くする必要があります。 血管 の壁が厚いと、濾過した 成分 を外に漉し出すことが出来ない
からです。 薄い壁の 血管 に高い圧力をかけるには、風船 を膨らませるように 張力 (引っ張る
力)が働きます。

 血管 の中に圧力がかかると、壁には 張力 がかかります。 張力 の大きさは 血管 の直径に
比例し、血管 の太さが二倍になると、血管 の壁の 張力 も大きくなります。 したがって、糸球
血圧 を高くして 血管 の壁を薄くしようとすると、血管 の直径を細くしなければなりません。

 そのため、哺乳類 腎臓 糸球体 毛細血管 は細くなっており、流れる 赤血球 も、他の
動物に比べて小さくなっています。

 このように、心臓 赤血球 も改造した結果、尿 を濃縮する 腎臓 が出来ました。 内臓 の中
で最も進化したのが 腎臓 ともいえますね。

                            坂井建雄 著 ” 面白くて眠れなくなる人体 ” より
 
 

 


 




に共通する要素
 は、全身の全ての器官の司令塔です。
 が機能しないと、他の器官も機能しなくなることから、「 進化の過程で最初にできたのは
」 だと思いがちです。

 しかし、の成り立ちを 脳神経 から見ていくと、実は 感覚器 の方が先で、それから
作られたことがわかります。

 人間に限らず 脊椎動物 ( 背骨を持つ動物 ) は、みな 兄弟 です。

 脊椎動物の の部分には、共通して 「 」 と 「 」 と 「 」 と 「 」 を含む 「 」 が
あります。 消化管 の入り口ですが、他の器官は全て 感覚器 です。 これらのパーツ
が揃っていると、私たちは 「 」 と認識します。

 犬でも猫でも 「 」 とわかりますし、象のように が長くても 「 」 だとわかります。 つま
り、目と鼻と耳と口 がある 脊椎動物 に共通する要素であり、それが をつくる要因に
なったことを物語っています。

 以外の場所に 目も鼻も耳も口 もありませんから、感覚器 のある特別な場所といえ
ます。

は刺激に対応する
 実際に、進化の過程を大雑把に見ると、から下の が繋がっている部分の一番前方に、
まず 目と鼻と耳と口 ができました。 もともと は 「 消化管の入り口 」 としてあったために、
そこに  覚器 が加わったことになります。

 の前方に 感覚器 を集めたことで、中枢神経系 の前方の端に、感覚器 からの情報を受け
取る場所ができました。 感覚 の刺激が入ってくるので、その情報を処理するために 中枢神経
の前方部が膨らみ始めます。 ーーー これが です。

 つまり、は体の前方に 感覚器 を集めたことで、その情報を処理するために生まれたと考え
られるのです。

 私たちの は、刺激を受けると、それに対応するために発達します。 生まれたばかりの
ちゃ
も、周りからの様々な刺激により、を成長させます。 実際に、を閉じて育てた
は、途中で を開いても、もはや物を見ることはできません。 それは、視覚 を発達させ
る部分が成長しないからです。

 感覚 の刺激を受ければ受けるほど、体の前方部分が大きくなって になるわけです。 それ
が、私たちの の由来です。

人間には魚の エラ の名残がある
 私たちの体に を作った要因は、感覚器 だけではありません。 もう一つ、エラ の存在も大き
な要因になっています。

 六億年 以上も時間を遡りましょう。

 私たちの祖先は のような形をして、水の中を泳いでいました。 その体が、六億年 という時
間をかけて、人間 の体に進化してきました。 魚の時代に ヒレ だった部分が、やがて私たちの
手足 になります。

 それでは、呼吸 のために使っていた エラ は、一体何に変わったのでっしょう。

 人間の 胎児 は、ごく初期には 五ミリ くらいの大きさしかありません。 その姿をよく見ると、
と首 のあたり、ちょうど ノド に当たる部分に 団子 のようなものが並んでいます。 この形は 人間
だけではなく、の胎児にも見られます。
 この 団子 のようなものが成長すると、の場合は エラ になるのです。

 つまり、人間 の胎児の ノド の当たりにある団子は、もともと エラ になるべきものだったのです。

 ところが人間の場合は、エラ として使っていたものを、進化の過程で別の用途に転用しました。

 エラ の部分には、神経 血管 が通っています。 その エラ に行くはずだった 神経 を、私たち
脳神経 の一部として使っているのです。
 
 からは、12本の 脳神経 が出ています。 そのうちの3本は、感覚器 である 目と鼻と耳 に行
っています。 残りの9本のうち、5本が エラ に行くはずだった神経です。 顔面神経 三叉神経
舌咽神経迷走神経、迷走神経の付属である 副神経 です。
 残りの4本のうちの3本は、眼球 を動かす神経で、1本は を動かす神経と、全てが 頭と顔
集まっています。

 つまり、脳神経 は、を育てた 感覚器 に行く神経と、エラ に行くはずだった神経、あとはもとも
と備わっていた 筋肉 を動かす神経で構成されているわけです。
 
 このように 脳神経 を見ると、感覚器 エラ ができているという 人間の歴史 がわかるの
です。

                                                                       坂井建雄 著 ” 面白くて眠れなくなる人体 ”  より  


 

リンパ を翻訳すると?
 リンパ という言葉は、ラテン語で 「 清水の流れ 」 を意味します。 リンパ という言葉は古代
ローマの時代から使われていましたが、「 リンパ管 」 が発見され広く知られるようになったの
は、十七世紀半ばのデンマークの医師 トーマス・バルトリン によります。

 日本では [ 解体新書 ] に初めて登場しますが、当時は 「 ワアテルハッテン 」 といい、「
」 と訳していました。
 何故 「 リンパ 」 が 「 水道 」 なのでしょうか?

 血液 は、毛細血管 を介して 動脈 静脈 が繋がり体内を循環しています。 毛細血管 では
物質交換が行われるため、血液成分の一部の液体 ) が少し漏れて、また少し が戻る
ということが起こっているのです。

 心臓 から勢いよく出た 血液 は、徐々にスピードが減速し、血圧 も下がりながら 毛細血管
入り口にたどり着きます。 ここではまだ 血圧 が高く、その圧力で が出ていきます。 
 その出ていった 毛細血管 の下流のほうで回収するわけですが、これは タンパク 質
濃度差 を利用して行われています。

 物質に 濃度差 がある時は、濃度の低い方から高い方に物質が移動します。 これを 「 浸透
」 といいます。 漬物 を作る時、キュウリに をまぶすと余分な水分が抜けて美味しく漬か
るのも 「 浸透圧 」 を利用したものです。

 血液 の中には タンパク質 がありますが、血管 の外には タンパク質 がありません。 そこで、
管壁 を隔てて、濃度の高い血管内に を引き寄せる力が働くわけです。 普通は 塩水 など
電解質イオン ) を 浸透圧 といいますが、この場合は タンパク質 という 巨大分子 浸透
なので 「 膠質浸透圧 」 といいます。

 こうして、出た の量だけ戻ってきてバランスがとれれば 「 めでたしめでたし 」 なのですが、
実は出たっきりで戻ってこない があるのです。 その量は、血液量 の約 2000分の1。 
 迷子 になった が向かう先 ーーー それが リンパ管 です。 毛細血管 から溢れた を、別
途回収 して静脈 に戻すのが リンパ管 の仕事です。

 リンパ管 が 「 水道 」 と訳されたのは、こうした働きに由来しているのですね。

浮腫む のは何故?
 長時間立ち続けたり、椅子に座ったままでいると、浮腫ことがあります。 特に 女性
足が浮腫んでブーツのファスナーが締まらない 」 という経験があるのではないでしょうか。

  どうして 浮腫 のでしょうか?
 
 運動 が少なくて立ちっぱなしでいると、筋肉 の力で 静脈血 を押し上げることが出来なくなり、
はなかなか 心臓 に戻れません。 そうすると、毛細血管 に大きな圧力がかかって が漏れて
しまうのです。

 これを リンパ管 が回収するわけですが、リンパ管 静脈 のような仕組みをしています。 リンパ
は平べったい形をしており、内壁 には が付いています。 体を動かすと、筋肉 の動きによっ
リンパ管 が押されたり広がったりして リンパ液 が流れていきます。 そのため、身体を動かさな
いで いると リンパ液 静脈血 と一緒に流れが滞ってしまいます。

 こうして戻れなくなった が溜まり、浮腫でしまうわけです。 しかし、足を動かしたり歩いたり
すると、リンパ液 が血管の中にどんどん回収されていくので、浮腫は解消されます。

 男性に比べて 女性 浮腫が多いのは、血液中の タンパク質 の量が男性よりも少ないからで
す。 つまり、血管の 膠質浸透圧 の力が弱いからで、リンパ管 というより 静脈 の問題なのです。

 同じようなことが 栄養失調 でも起こります。 飢餓 に苦しむ 発展途上国 の子供たちは、栄養失
調 お腹 が大きく膨らんでいます。 これも タンパク質不足 のために、膠質浸透圧 が低下して、
回収できなくなった お腹 に溜まっていることが原因です。

リンパ管 にとって 免疫 はついでの仕事
 もし リンパ管 がなかったら、漏れた が戻れなくなり、浮腫 でしまいます。 がん の手術を
して脇の下の リンパ節 を切除すると、リンパ管 が詰まって腕がパンパンに膨れる リンパ浮腫 とい
う症状が現われます。

 多くの人は リンパ管 免疫器官 だと思っていることでしょう。 しかし、これまで記してきたように、
本来は 毛細血管 から漏れた を回収する受け皿であり、循環器 の一部なのです。 しかし、” た
またま ” リンパ節 免疫細胞 が集まっていることから、免疫系 の拠点にもなっています。

 血管でいうところの 「毛細血管」 と同じ様に、リンパ管 には幹から枝分かれした 「毛細リンパ管
があります。 リンパ管 の末端は オープン になっているため、水分 だけではなく 異物 でも何でも
取り込んでしまいます。 この状態のままで 静脈 に戻すのは大変に危険です。 そこで、リンパ管
の所々に リンパ節 という フィルター を置き、そこで処理して無害なものにしてから 静脈 に戻して
いるのです。

 何でも取り込んでしまう リンパ管 は、外敵 異物 にとって絶好の標的になります。 その対策
として、リンパ節 免疫細胞 を集めて、を迎え撃つのです。 免疫細胞 には リンパ球 などが
あり、細菌ウイルス と戦っています。

 こうして、リンパ節 防衛 の砦としての役目を担うことになりました。

 しかし、リンパ管 が運んでいるのは、余り物 異物 だけではありません。 で吸収した 栄養
のうち、ブドウ糖 アミノ酸 のような分子の小さいものは 毛細血管 に入れますが、中には入
れないものもあるのです。 それが 脂肪 です。 脂肪 リンパ管 に入り、リンパ管 を通って 静脈
に戻っています。

リンパ節 が腫れるのは?
 リンパ節 のある場所は、から突き出た 付け根 です。 が突き出ているから付け根の
が突き出ているから付け根の 脇の下が突き出ているから付け根の 鼠径部 に存在してい
ます。 触ると 硬くてグリグリ するのでわかると思います。 私達の全身には、約800個 リンパ
があるのです。

 これらの場所は、リンパ液 が戻ってくる途中の 関所 のようなものです。 防衛部隊である 免疫
細胞
を集めることで不審者を チェック して、悪者 と判明すると撃退して侵入を食い止めています。

 つまり、リンパ節 が腫れて 痛みや熱 がある時は、何らかの 病原体 が侵入し、リンパ球 たちが
戦っている証拠です。 そして、戦いが終わった後は、マクロファージ などの 貪食細胞 病原体
の残骸
を食べて綺麗にしてくれるのです。 貪食細胞 とは、その名の通り 異物 を見つけると 食い
殺し
たり、分解 したりして処理する 掃除屋 のような 細胞 です。

 リンパ管 動脈 沿いに走っており、内臓 の近くにも連綿と存在しています。 内臓領域 リン
パ節
が必要なのは、内臓 外界 と接しているからです。 呼吸 することで 呼吸器 には チリや
細菌
ウイルス が侵入しますし、食事をすれば 食物 と一緒に 消化器 にも 病原体 が侵入します。
その防衛 のために、リンパ節 内臓領域 にも備わっているのです。

 そのため、ご遺体 を解剖すると、殆んどの人の の周囲の リンパ節 真っ黒 になっています。 
外界 から吸い込んだ チリや排ガス などが リンパ節 に集まっているからです。

                                                                 坂井建雄 著 ” 面白くて眠れなくなる人体 ” より






 

↑このページのトップヘ