「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

 年 を取ると、食事 を制限しても 運動 をしても 若い頃 のように 体重 を減らすことが
出来ないという 経験 をしている 人 が 多い のではないか。 脂肪細胞 が 老化 すると
代謝効率 が下がるために 若い頃 のようには 脂肪 が 燃焼 しなくなると言われる。

 ただし、脂肪細胞 の 加齢現象 なのか 筋肉組織心肺機能 の 加齢性変化 なのかは、
必ずしも 正確 には 理解 されていなかった。

 そんな中、スウェーデン の カロリンスカ大学 医学部 内科 の ピーター・アーネル博
士 らの 研究グループ は、加齢 に伴う 体重増加脂肪細胞代謝効率 の 低下 が 原
因 であるとの 仮説 を立てた。 研究グループ は 54 人の 成人男女 を 対象 に 食事 の
摂取量、体重変化、脂肪細胞 の 脂肪 の 代謝効率 を 平均 13 年間 にわたり 追跡調査 し
た。

 その結果、追跡調査 期間中 に 体重 が 増えた人 も 減った人 も、加齢 に伴って 脂肪
代謝効率 が 低下 していることが分かった。 食事 の 摂取量 が 減らなかった人 の
体重 が 増加 していると 分かった点 もまた 興味深かった。

 もし、脂肪細胞 の 老化 を 抑制 することができ、年 を取っても 脂肪細胞 を 若々しく
保つ ことが 出来るのなら、加齢 に伴う 体重増加 を 抑えることが 可能 だろう。
 実は、老化 した 脂肪細胞 の 燃焼効率 を上げる 作用 が 報告 されているのが、脂肪
細胞 が 分泌 する ホルモン、アディポネクチン だ。 別名、長寿ホルモン とも 呼ばれ、
長寿者 においてはその 血中濃度 が 高いとの 報告 がある。

 ネズミ の 実験 では アディポネクチン をたくさん 分泌 する ネズミ が 長寿 になると
の 報告 もある。 運動 により アディポネクチン の 分泌 が増え、生活習慣病 や 動脈硬
化 の 予防効果、体重 の 減量効果 も 報告 されている。

 大豆タンパク質 や オメガ 3 脂肪酸、柑橘類 に含まれる ノビレチン という 物質 が
ディポネクチン の 分泌 を 促進 する効果 が 報告 されているため、食事 を 工夫 するこ
とで 高齢期 の 体重増加 を 抑制 出来るかもしれない。

 最近 の研究で、アディポネクチン には 更に に 作用 することにより 認知機能
改善 が 期待 されていて、認知症 の 治療 に 応用 されている。

 脂肪細胞 の 代謝障害 は 体重増加神経細胞 の 代謝障害 は 認知機能 低下 をもたら
すが、何れの 代謝障害 にも 長寿ホルモン の 不足 という 共通点 があるかもしれない。

                                                             (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

            新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より

認知機能 を 高める 可能性
 アルツハイマー病 を 発症すると、脳内 の 神経伝達物質 である アセチルコリン の 量
が 減少 する。 アセチルコリン 合成 の 原料 となる コリン乳製品、肉、卵、穀物、
などに 豊富 に含まれ、脂肪酸 に コリン と リン酸 が 結合 した ホスファチジルコリ
に 多い。

 これまでの 研究 から、コリン の 積極的 な 摂取 が アルツハイマー病 の 発症予防 に
有効 とされ、米国 ではそれを 期待 して 栄養 ドリンク に コリン が 配合 されたりもし
ている。

 そんな中、東フィンランド大 の ジルキ・ビルタネン博士 らの 研究チーム は、コリ
摂取量 が アルツハイマー病 の 発症 のみならず、健常高齢者 の 記憶 や 言語 の 流
暢性 といった 脳 の 側頭葉 や 前頭葉 の 機能 に 関与 している 可能性 に 着目。

 フィンランド 在住 の 42 ~ 60 歳 の 認知症 を 発症 していない 健常男性 2497 人 を
対象 に、コリン摂取量 と 認知機能、認知症 の 発症 の 有無 を平均 21.9 年にわたって
追跡調査 した。

 その結果、調査期間中 に 337 人 が 認知症 を 発症 したが、ホスファチジルコリン
の 摂取量 が多い 男性 は 少ない 男性 に比べ、発症リスク が 28 % 低い ことが 分か
った。 しかし、コリン 全体 の 摂取量 と 認知症 発症 との 関連性 は 見いだせなか
った。

 また、認知機能 との 関連性 については、コリン全体 の 摂取量 が 多い 男性 と
スファチジルコリン 摂取量 の 多い 男性 のいずれも、少ない 男性 に比べ、 記憶 な
どの 側頭葉 機能 や 言語 の 流暢性 などの 前頭葉 機能 が 高かった。

 コリン は 従来、日本 ではあまり 注目 されてこなかった 栄養素 だが、今後 は 中
高齢期 の 栄養管理 をする上で、コリンホスファチジルコリン の 推奨 摂取量 を
設定 する 必要 があるだろう。
                                                     (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

         新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より        

                                               

 

 これまでの 動物実験 では、30 % の カロリー制限 が 個体寿命 を 延伸 することが
知られていた。 最近の 研究 から、寿命 が 延伸 する メカニズム は カロリー制限 に
より 糖質 の 摂取量 が減ることで 血中 の ケトン体 が増えることが、認知機能 の 向
上 や 体重 の 減少、ガン細胞 の 増殖抑制、炎症 の 抑制効果 に つながって いること
が分かった。

 断食 でも 血中 の ケトン体 が増え、代謝 の 改善 や 認知機能 が 改善 されることが
知られている。 だが、何日くらいの 断食 をどの 程度 の 頻度 で 実施 すると 健康効
果 が得られるのかは、よく 理解 されていなかった。

 そんな中、オーストリア の グラーツ大学 分子生物科学研究所 の フランク・マデオ
博士らの 研究グループ は 4 週間の 隔日断食 により、37 % のカロリー制限 が 達成で
き、体重減少、脂質代謝 の 改善、血中ケトン体 の 増加 などの 健康効果 が 得られる
ことを 明らかにした。

 60 人の健常の 成人男女 を 30 人 2 群 に分け、実験群 には 隔日絶食 を 指導、対照
群 には 通常食 を 4 週間 摂取 させた 前後 で 体重 や 代謝 マーカー、血中 の アミノ
酸、ケトン体 を 測定した。
 
 その結果、隔日絶食群 の 被験者 は、対照群 に比べて 総摂取カロリー が 平均 37 %
減少、体重 が 平均 3.5 ㌔ 減量( 全体体重 の約 4.5 % 相当 )、脂肪重量 が 平均 2.1
㌔ 減量、筋肉重量 が 平均 1.6 ㌔ 減量、身長 と 体重 から 算出する 体格指数( BMI )
が 平均 1.23 減少 した。

 血中代謝マーカー を検討すると、LDL、VLDLコレステロールが 有意 に減少、多価
不飽和脂肪酸 の 濃度 が 上昇、血中 の アミノ酸 測定では 老化 に関連した メチオニン
の 濃度 が 低下、長寿 に関連した 物質 である ケトン体 の 濃度 が上昇 していた。

 また 検査結果 は 正常範囲 を逸脱していないことから、隔日絶食 により 安全に カ
ロリー制限 できる点が 確認 された。 隔日絶食 では、絶食日 は何も 食べないが 非
絶食日 には 通常食 を 摂取すれば 良いので、特殊な 栄養指導 を 必要としない 簡便性
も 有用な ダイエット法 である点を マデオ博士 は 強調 する。 隔日 に カロリー制限
を 実施 できる 絶食法 の 健康効果 に関してはこれまでに 報告 がなかった。

 隔日絶食 なので、偶数日 に 絶食 し 奇数日に 通常食、あるいは 火曜日、木曜日、
土曜日に 絶食 で 月曜日、水曜日、金曜日、日曜日に 通常食 という パターン でも
健康的 に カロリー制限 が 実施 出来るだろう。

                                                         ( 白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長 )

                                          新聞コラム Dr. 白澤  ” 100 歳への道 ” より











 

↑このページのトップヘ