「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

解毒システムを一手に担う
 体内 解毒システム を一手に担っているのは 肝臓。  肝臓 は横隔膜のすぐ下にある人体最大
臓器 であり、男性 で 1.2~1.4 kg、女性 で 1.0~1.2 kg ほどの重さがあります。 肝臓 エネル
ギー
代謝 脂質 消化 に欠かせない 胆汁酸 の産生といった幅広い機能を担っています
が、機能性医学 がことに目を向けるのはその強力な 解毒作用 です。
 
 水、空気、食べ物 などから体内に入り込む 有害物 には、に溶け易い 水溶性 に溶け易
脂溶性 の2つがあります。

 水溶性 有害物 腎臓 血液 から濾し出されて、比較的短時間のうちに 尿 に混じって 排泄
されます。 故に蓄積による 悪影響 をさほど気にしなくてもよいと言えます。 それに対して 脂溶性
有害物 は、に溶けにくいため 尿 から排泄されず、 肝臓 解毒 が滞ると体内の 細胞 体脂
にずっと居座ります。 私たちの 体内 に入る 有害物 の大半は 脂溶性 ですから、それが 慢性疾
を引き起こすのです。

 肝臓 では ホルモン 不活性化 も行われています。 ホルモン 人体 にとって 不可欠 ですが、
医薬品 のように 必要量 が決まっていますから、用が済んだ ホルモン 肝臓 で分解され 無力化
されているのです。

 ホルモン にも 水溶性 脂溶性 があり、このうち 脂溶性ホルモン 肝臓 不活性化 されてい
ます。  肝臓 解毒機能 が何らかの理由で下がると分解されない ホルモン 体内 に長く留まり、
医薬品 を過剰に摂ると 副作用 が強く出るように、人体 マイナス の影響を与えてしまいます。   
その最たるものが 女性ホルモン です。

 女性ホルモン には エストロゲン プロゲステロン があります。 エストロゲン は女性の 卵巣 で合
成されますが、実は 男女 を問わず アロマターゼ という 酵素 の働きで 脂肪細胞 でも合成されてい
ます。 不活性化 されない エストロゲン 子宮内膜症 乳腺症 が悪化する一因となり、エストロゲ
代謝物 の一部は 乳がん リスクファクター でもあります。

 男性でも 女性ホルモン は分泌されていますので、アルコール依存症 などで 肝臓 の大半にダメー
ジを負うと 解毒機能 が崩壊し、不活性化 されない 女性ホルモン の働きで女性のように 乳房 が大
きくなることがあります。

 断食 などで食事を抜くと 蕁麻疹 などの 自家中毒 を起こすこともありますが、これは 断食 カロ
リー を制限すると 体脂肪 の分解が亢進することで、体脂肪 に貯蔵されていた 脂溶性 有害物
一度に出てくるのが原因だと考えられています。 こうした 自家中毒 を防ぐためには、マイルドな 断食
にとどめ、肝臓 解毒 に必要な 栄養素 を十分に補うことが大切です。
                                                    次回に続く
                             ”慢性病を根本から治す” より転載
 
 

肥満、生理不順の一因
 生きている限り ストレス がゼロにならないように、水、空気、そして 食べ物 から取り込む 有害物
ゼロにはできません。 これを 無毒化 するのが 解毒。  機能性医学 ではこの 解毒システム が滞りな
く進まないと 慢性疾患 引き金 になると考えています。


 肥満 慢性疾患 の一つであり、先進諸国に共通の悩みですが、肥満 の一因には 有害質 の蓄積
があります。 アメリカで 肥満 が多いのは中西部ですが、その 肥満 を引き起こしている要因の一つと
考えられているのが、アトラジン という 除草剤。 中西部は 穀倉地帯 であり、トウモロコシ畑 などで盛
んに アトラジン が使われていました( 現在は 使用禁止 )。

 アトラジン土壌残留性 が高く、地表水、地下水、水道水 にも 拡散 しており、これらを飲んだ人た
ちには アトラジン が蓄積している可能性があります。 アトラジン は、体内の エネルギー代謝 の要で
ある 細胞内 ミトコンドリア に作用し、その 機能 を阻害することが分かっており、代謝 されなかった
エネルギー 体脂肪 として蓄積して 肥満 を招いている恐れがあるのです。

  この他、アトラジン には女性の 生理不順 との関わりも疑われています。
 
 魚介類 には 海中 有害物 が蓄積していることもあります。 沿岸 の限られたエリアで 養殖 されてい
鮭、あるいは 汚染 が進んだ 深い海に棲む魚、他の魚を食べることで 有害物 生体濃縮 している
マグロ などの大型魚や イルカ クジラ といった 海洋性哺乳類 には、高濃度で ダイオキシン、PCB、
水銀 などの 有害物 が蓄積しています。

 ダイオキシン PCB には 発がん性 がありますし、 水銀 神経障害 を起こします。 水銀 には
機水銀
有機水銀 があり、日本人 の多くは 魚介類 から 有機水銀 を体内に蓄積しています。 急性
有機水銀中毒 で起こったのが 4大公害病 の一つである 水俣病 です。

 厚生労働省では 魚介類 による 水銀 の汚染が 胎児 に広がらないように、金目鯛、メカジキ、クロマ
グロ、メバチマグロ などは 合計週 80g まで、キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ などは 合計
週160g までを目安にするように 妊婦 さんに指導しています。

 水銀 は体内では 必須ミネラル 亜鉛 と同じような働きをしています。 このため 亜鉛 を意識的に摂
り入れると 水銀 排泄 が自然に促されるようになります。
                                                     次回へ続く
                               ”慢性病を根本から治す” より転載

 

 

肝機能の低下を疑う
 日本人の 40% は何らかの 頭痛 に悩んでいるというデータがあります。 頭痛 は大きく分けて
筋肉 が緊張する 緊張性頭痛、脳血管 に由来する 片頭痛 の2種類があり、両者の 混合パター
もあります。

  筋肉の緊張による 頭痛 では、猫背 などの 姿勢不良 などによる 身体 アライメント
関節 の並び )の乱れ、パソコン タブレット端末 などを長時間凝視することによる 疲労
などが誘因になっています。

 この他、筋肉 弛緩 に必要な マグネシウム 欠乏 も要因になりますから、機能性医学
マグネシウム欠乏 が疑われる時には、マグネシウム サプリメント を処方します。

  鉄欠乏性貧血 に代表される 酸素運搬能 の低下が 緊張性 頭痛 をもたらすこともあります。
筋肉 の部分の局所的な 酸欠 が起こり、細胞 エネルギー を作り出している ミトコンドリア とい
細胞内小器官 の機能が低下して エネルギー不足 に陥ると、筋肉 の緊張が取れないのです。
酸素 を運搬している 赤血球 ヘモグロビン タンパク質 が結合したものですから、この
場合には タンパク質 の摂取が役に立ちます。

 脳血管性 片頭痛 血管 拡張 で起こっていると言われています。 詳細な メカニズム
まだ 不明 ですが、血管 を収縮 せる セロトニン という ホルモン が出て収縮した後、反動 で二次
的に 拡張 する過程で 頭痛 が起こるという説が有力です。

 その他、12対ある 脳神経 で最大の 三叉神経 が何らかの原因で刺激されて 脳血管 を拡張さ
せて起こるという主張もあります。 マグネシウム 血管 拡張三叉神経 興奮 を共に抑え
る働きがありますから、血管性 片頭痛 の抑制にも効果的です。

 月経前 PMS(月経前症候群)の一環として 片頭痛 が出る女性もいます。 月経の終盤は
トロゲン と、プロゲステロン、両方の 女性ホルモン の分泌が増えます。 他のホルモンと同時に
女性ホルモン 肝臓 で解毒されますが、エストロゲン プロゲステロン が共に増えると肝臓の
解毒機の負担が増えて 肝機能 が相対的に低下します。

 解毒 のプロセスが滞ると、中間代謝物として有害な 活性酸素源 が増えてきます。 すると 活性
素源 を無毒化するために 一酸化窒素NO )が消費されますが、NO には 血管 を拡張させる
作用があるため、NO の欠乏によって 血管 が収縮し易くなって 頭痛 を招くのです。 PMS による
片頭痛 には、肝臓 解毒機能 をサポートする タンパク質 ビタミンB群 といった栄養素を取り
入れると、発作 の予防に繋がります。

 この他、更年期障害 の一症状として 頭痛 が出てくることがあります。 その際は 性ホルモン補充
療法 で劇的に改善するというケースがあります。 

                                                                            ”慢性病を根本から治す” より 転載
 

↑このページのトップヘ