「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

認知機能が向上
 臓器 には 組織幹細胞 と呼ばれる 自己複製能力 分化能力 のある 細胞 が存在し、組織の
再生 機能維持 に重要な役割を果たしている。 組織幹細胞 は年をとるとその 複製能
が低下するため、組織の 再生能力 臓器機能 も下がることが知られている。

 にも 神経幹細胞 が存在し 機能維持 に重要な役割を果たす。 アルツハイマー病 など
経細胞 が減少する病気でも、新生 される 神経細胞の数 が勝れば 認知機能 の低下を改善で
きるかもしれない。

 そんな中、米マサチューセッツ工科大のデビッド・サバティーニ博士らの研究チームは 24 時間
断食 腸管 幹細胞 加齢性減少 を抑え、腸管 再生能力 が劇的に 改善 することを
明らかにした。 研究チームは、24 時間 絶食 させたマウスの 腸管 から 幹細胞 を採取し 再生
能力 を調べた。

 その結果、対照群のマウスの 幹細胞 に比べ 組織再生能力 が 2 倍に増えていた。 代謝
調べると、肝細胞 絶食 により 糖質 の代わりに 脂肪酸 エネルギー源 に使っていることが
分かった。 サバティーニ博士は、肝細胞 脂肪酸 代謝 すると 再生能力 を維持するため
の多くの 遺伝子 のスイッチを オン に出来ることを突き止めた。

 最近の アルツハイマー病 の治療法 「 リコード法 」 では、認知機能 改善のために 12~16時
絶食 を勧めている。 

 絶食 により 脳内 に蓄積した アミロイドβ蛋白 自己貪食 されると考えられてきたが、更に今
回の研究から、絶食 神経幹細胞 が活性化することにより 神経細胞 が新生して 認知機能
改善する ーーー というメカニズムが示唆された。
 
 今回は マウス 腸管幹細胞 の実験に過ぎないが、ヒト 脳、筋肉、骨髄 などでも同様の
食効果 が期待できる。 どの程度の 絶食 ヒト 組織再生力 の向上につながるかなど今後
の研究課題だ。

                            (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

                      新聞記事 Dr. 白澤 ” 100 歳 への道 ” より 転載


 

 定期的な ウオーキング 寿命 を延ばす効果があることが知られている。 最近の米ペンシ
ルベニア大などの研究でも、1日に 座っている 時間を 30 分 でも ウオーキング などの 運動
に振り替えると 死亡リスク が5年間で 51 % も減少すると報告されている。

 しかし、ウオーキング といっても散策しながら ゆっくり 歩くことから、ポールを使用した 速歩き
まで様々で、汗ばむ 位の運動量でないと 寿命延長効果 が出ないと主張する研究も多い。

 そんな中、歩行速度 速い 人は ゆっくり 歩く人に比べて 死亡リスク が有意に低いという
研究結果が、豪シドニー大から発表され話題を呼んでいる。

 エマニュエル・スタマタキス博士らの研究チームは、1994 年から 2008 年に実施されたイング
ランドとスコットランドにおける 11 件の 疫学調査 から、追跡可能だった 4 万 9731 人を対象に
歩行速度 死亡率 との関連性を調査した。

 歩行速度ゆっくり、平均的、速い、より速い(時速4K以上) の 4群 に分類した。 その結果
ゆっくり 歩く人に比べて 平均的 な速さで歩く人は 全死亡リスク が 20 % 低く、速く 歩く人 (速い
と より速いを合わせて) では 全死亡リスク が 24 % 低いことが分かった。

 また、疾患別の 死亡率 との関連性を検討したところ、心血管疾患 による 死亡率 歩行速度
の間には関連性を見いだせたが、ガン による 死亡率 歩行速度 の間には関連性を見いだせ
なかった。

 歩行速度 なることによる 運動負荷 に対して、心肺機能 がより機能的に適応して 心血
疾患 による 死亡率 が低下した可能性を示唆。 一方、ガン の予防のためには 歩行速度
はなく、歩行距離 が関連するのではないかとスタマタキス博士は考察する。

 今回の調査から、高齢者 歩行速度 平均 以上の方が良さそうだ。

                          (白澤卓二 ・ お茶の水健康長寿クリニック院長)

                 新聞記事 Dr.白澤 ” 100 歳 への道 ” より 転載       





 

 年をとってから、夕方になると むくんだり下肢 動脈硬化 のため長距離を歩けない
という症状で悩んだりしている人は多いと思う。 末梢循環不全 による 浮腫 動脈硬化 によ
間欠性跛行 など、血管 加齢性変化 に由来する症状が生活の質に影響しているのだ。

 そんな中、ネズミ の実験ではあるが、毎日の ストレッチ 血管 を若々しく維持して 末梢循
を改善し、血管 拡張機能 を改善させる効果があることが分かった。

 堀田一樹博士も参加した米フロリダ州立大医学部の研究チームは、培養した 血管 内皮
細胞 を試験管内で伸展させると、血管 を拡張させる物質や 毛細血管 を新生させる因子を分
泌することに着目。 ストレッチ でも同様の変化が起きるかどうか ラット の実験で検証を試み
た。

 研究チームは 高齢ラット 下肢 に1日30分、週に5日間、1ヶ月にわたり副木を当て ストレ
ッチ を強制。 その前後で、安静時及び運動時の 血流、血管拡張物質、毛細血管新生因子
を測定し、CT スキャンで 毛細血管 の形態を撮影した。

 その結果、ストレッチ を強制しなかった群と比べると 内皮細胞由来 血管拡張物質 が増加
し、運動時の 血流 が増加していることが分かった。 更に 毛細血管新生因子 も増加し、CTス
キャンでは新たな 毛細血管 が新生して 血管容積 が増加していることも確認された。

 高齢期 には 血管 の柔軟性が失われるため 浮腫 が生じたり、血流障害 による 歩行障害
起きたりするが、今回の研究により簡単な ストレッチ でこれらの 障害 を予防できたり改善した
りする可能性が示された。 

 忙しくて定期的な 運動 が出来ない人でも、部屋の中で簡単な ストレッチ をすることにより
歩行障害 の予防や改善が出来そうだ。 

                           (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)  

                    新聞記事 Dr. 白澤  ” 100 歳 への道 ” より  転載    
                         

↑このページのトップヘ