「日々是好日 日記」

東京都江戸川区船堀の鍼灸良導絡・カイロプラクティック「今井治療室」ブログです

 加齢 に伴って 筋肉 が衰えることを サルコペニア( 加齢性筋肉減少症 )と呼ぶ。 予
防 には 良質の タンパク質 摂取 が勧められているが、それが サプリメント で 可能かは、
よく理解されていない。

 そんな中、カナダ・マクマスター大のスチュアート・フィリップス博士 らの 研究チー
ムは、乳清タンパク質 の サプリメント 摂取 では サルコペニア を防げなかったが、回復
期 には タンパク質 合成 を促して 筋肉量 を増やす 作用 があることを明らかにした。

 健常 で 高齢 の 男女 31人を 2 群に分け、第 1 群には 標準カロリー食( 約 2500㌔㌍ )
を 1 週間 摂取させた後、3 週間の カロリー制限食( 約 2000㌔㌍ を1週間、約 1400㌔㌍
を 2 週間 )に 乳清タンパク質 の サプリメント 1 日 60㌘ 摂取 と 運動制限 を追加。

 回復期 の 1 週間には 標準食( 約 2300㌔㌍  )に 乳清タンパク質 の サプリメント 1 日
60㌘ 摂取、運動 を指導した。

 一方、第 2 群 には 乳清タンパク質 の代わりに コラーゲンペプチド( タンパク質 の 一
つの コラーゲン を更に分解したもの )の 1 日 60㌘ 摂取 を 指導。 試験前後 で 筋肉量
測定、筋肉生検、血液採取 を行い、筋肉量 変化 と 筋肉 における タンパク質 合成 を 比
較・検討 した。

 その結果、両群 とも カロリー制限食 摂取後 に 下肢 の 筋肉量 が有意に 減少。 タン
パク質 の サプリメント 摂取 では カロリー制限運動不足 による 高齢期 の 筋肉量 減
少 を 防げないと分かった。

 一方で 回復期 には、乳清タンパク質 群 では 明らかな 筋肉量 の 回復 を認めたが、
ラーゲンペプチド 群 では 十分な 回復 が 確認 できなかった。 フィリップス博士 は、
回復期 の 筋肉 の タンパク質 合成 には、摂取する タンパク質 の「 」が 重要である
点 を 指摘する。

 高齢期 の 活動性維持 のためにも、食事 の 摂取カロリー栄養 バランス を 考慮し、
定期的 な 運動 を 心がけたい。
                    (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)
            
                                       新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より

 肥満、2 型糖尿病、高血圧 といった 生活習慣病 が、認知症 の リスク
になることは知られている。 ただ、どのような メカニズム で関与して
いるかについては、必ずしも正確には理解されていない。

 そんな中、米マイアミ大公衆衛生学の ミシェル・カウンカ博士 らの研
究チームが、60 代の人々の 肥満度ウエストサイズ大脳皮質
に影響することを明らかにして話題を呼んでいる。


 研究チームは ノーザン・マンハッタン・スタディー という 大規模調査
の中で、磁気共鳴画像化装置( MRI )検査を受けた 1289 人の 高齢期
男女( 平均年齢 64 歳 )について 肥満度( BM )、ウエストサイズ
血中の アディポネクチン( 脂肪細胞から分泌される 善玉 のタンパク
質 )と、大脳の容積、大脳皮質の厚さ、大脳白質の変性病変、小さな梗
塞像
ラクナ梗塞 )との関連性を検討した。

 その結果、BMI ウエストサイズ が大きい 60 代の高齢者は、小さ
い高齢者に比べ、大脳皮質 厚さ が 薄いことが分かった。 しかも、
これらの関連性は 65 歳以下でより顕著に認められた。

 一方、これまで 動脈硬化 などの 血管病変 と関連すると考えられてきた
白質病変小さな梗塞像アディポネクチン と 肥満度 や ウエストサイ
ズ の間には関連性を見いだせなかった。 大脳皮質 には 神経細胞 が 局
在 していて、加齢 認知症 ではその数が減少して 認知機能 が低下する
ことが知られている。

 カウンカ博士は、肥満 を発症すると 血管障害 でなく 神経細胞炎症
を引き起こし、大脳皮質 萎縮 した可能性を指摘する。

 肥満 については 2 型糖尿病動脈硬化 の リスク が 強調されてきた
が、大脳皮質萎縮 の リスク も追加された。 高齢期の 認知機能 を保つ
ためには、60 代前半から 体重ウエストサイズ を管理しておくことが
重要だろう。
                  (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長) 

          新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より               

入眠 の 1 ~ 2 時間前の 入浴 が有効
 睡眠 の「 」が 認知機能 に影響を与えることはよく知られている。 睡眠時間 が
極端に短くなったり 徹夜 をしたりすると、アルツハイマー病 の 原因物質 と考えられ
ている アミロイド β タンパク質 の 蓄積が増えることも 本コラム で紹介した。

 夕食 の内容も 睡眠 に影響を与える。 良い 睡眠 のためには、夕食 は カロリー
糖質 が 控えめで、食物繊維 の多い 日本食 が お勧めだ。 ならば 入浴 は、睡眠
どんな影響を与えるのだろうか。

 米テキサス大 の シャハブ・ハグハイ エ グ 博士 らの研究チームは、入眠 の 1 ~ 2 時
間前に 湯温 40 ~ 42.5 度 の バスタブ に入浴するか シャワー を浴びると 良い睡眠
つながると報告して話題を呼んでいる。

  入浴 と 睡眠 の 質 に関する 研究論文 17本について、睡眠時 の 脳波 から評価された
睡眠 の 質 と、入浴 の タイミング、バスタブ の 湯温 などの 入浴の条件 との関連性を
詳細に 解析した結果、寝る 1 ~ 2 時間前の 40 ~ 42.5 度の 入浴良い睡眠 に最適
の 条件であることが分かった。
 
 入浴時間 は最短で 10 分あれば効果が得られた。 更に、同温度の シャワー を浴び
たり、足 を 温める フットバス を使用したり することでも同様の効果が得られたが、
この点について ハグハイ エ グ 博士 は、温まった 手足 からの 放散 深部体温
急速な 低下 を 誘導し、良好な 入眠条件 になっていると考察する。

 夜中に クーラー をつけて寝るかどうか悩んでいる人も多いと思うが、入浴後 の 手足
からの 熱 の 放散 が重要であるとすれば、寝苦しい夜 には 部屋を 適度に 冷やして 放散
効率 を 高めた方が 良い 睡眠 を 誘導できると考えられる。

 一方、靴下 を履いて寝ることは 熱 の 放散 を妨げるので、睡眠 の を考えると お勧
め できない。  の 寝苦しい夜 の 睡眠 の を上げるために、参考にしてほしい。

                                                  (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

             新聞コラム Dr.白澤 ” 100 歳への道 ” より



↑このページのトップヘ