タンパク質不足が主因 
  年中行事のように ダイエット をしている女性に限って、むくみ冷え に悩んでいます。 いずれも
食事摂取 における タンパク質 不足 が主因です。


 人体 の 50~60% は 水分体液 )ですが、むくみ とは細胞の間にある細胞間質の水分量( 細胞
間質液 )が多くなっている状態。 細胞間質液 とは 体液 から 血液 リンパ液 を除いたものですが、
細胞間質液 が増える最大の理由は アルブミン という タンパク質 不足 です。

 血液 赤血球 などの 固形成分 とそれ以外の 液体成分 である 血漿 に大別されますが、アル
ミン 血漿内 に最も多い タンパク質。 「 膠質浸透圧 」と呼ばれる作用があり、g でおよそ20
mℓ の 水分 をキープしています。

 アルブミン 体内 に 300g ほど貯蔵(体重 65kg の場合の概算)されていますが、役目を終える
筋肉 皮膚 などで分解されます。 アルブミン 肝臓 アミノ酸 を原料に1日十数グラムずつ
せっせと作られていますが、半減期 は 17日 と短いので、原料となる アミノ酸 を含む良質の タンパ
ク質 を摂らないと アルブミン 不足 しがちになり、血液内 水分 血管 の壁を通過して漏れ出
てしまい、細胞間質液 が増えてくるのです。

 「 ダイエット をしているのに、むくみ が取れない、水太り で困っている 」 という人は 食事制限
ンパク質
不足 している可能性が高いといえるでしょう。 むくみ を解消したいなら、タンパク質 とそ
代謝 に必要な 亜鉛、ビタミンB6 を十分に摂ってください。 ダイエット をするなら タンパク質 以外
糖質 脂質 からカロリーを減らしてやれば良いのです。

 座りっ放し で歩かないことも むくみ を悪化させます。 歩く ふくらはぎ を中心とする下半身の 筋肉
収縮 で下半身の 血液 心臓 還流 し ます。 これを「 ミルキングアクション 」と呼びます。 タン
パク質不足 だと、ミルキングアクション を担っている下半身の 筋肉 も減りますから、血液 環流
滞って むくみ 悪化 させる原因になります。

 ストレス むくみ を招きます。 ストレス を受けると 副腎皮質 から コルチゾール が分泌されますが、
コルチゾール が出過ぎていると 血管 透過性 が上がり、血液中 水分 が外へ逃げ易くなるので
す。 コルチゾール ストレス後 身体 修復 する環境作りをする ホルモン ですから、末梢 への
物質の 運搬 を良くするために 血管 透過性 を上げるわけです。

 ストレス で疲れている時にソファーで一寸まどろむとソファーの柄の跡が顔に付いたりしますが、それ
コルチゾール のせいで むくんでいる 証拠なのです。

 冷え症 で悩んでいる女性も多いのですが、そこにも ストレス が関わります。 ストレス があると 交感
神経 が優位になり、皮膚 など末梢にある 血管 収縮 します。 を運んでいる 血液 流れ が悪く
なると、冷え を感じ易くなるのです。 また、末梢の 血流 の低下は 栄養 酸素 欠乏 に繋がるため、
細胞 代謝 が低下して 冷え てしまいます。

 食生活 冷え と深く関わっています。 スイーツ 清涼飲料水 から 砂糖 のような 精製糖 をたくさ
ん摂ると 血糖値 が急激に上がり、膵臓 から急いで分泌された大量の インスリン の働きで急激に下が
ります。 こうした 血糖値 の乱高下も 交感神経 を刺激しますし、血糖値 が下がると 交感神経 糖質
新生 するために 優位 になりがちで、それが 末梢血管 収縮 を起こします。 甘いもの を飲んだり
食べたりし過ぎると 身体 冷える のです。

 また、食事 を摂取すると 消化 吸収 のために 代謝 が上がり、が生まれます。 これは「 食事誘
導性熱産生
DIT ) 」と呼ばれており、1日に消費しているカロリーの10% 前後を占めます。 カロリーに
なる3大栄養素の中で タンパク質 DIT が最大で、摂ったカロリーの凡そ30% が DIT として消費され
体温 を上げます。 タンパク質 が足りないと DIT も下がって、冷え が起こり易くなるのです。

                              ”慢性病を根本から治す” より転載