前回、朝風呂と冷水シャワーをお奨めしましたが、高齢の方や動脈硬化の症状があるような方は要注意です。

人体は、一定のリズム(日内リズム)で動いています。一般的に、目覚める直前は、体のリズムは睡眠から覚醒に移る不安定な状態なので、血圧・脈拍・呼吸・内分泌・自律神経など全てが不安定です(目が覚めても、体は眠っている状態)。

その様な時、体に急激な刺激を与えると、血圧や心拍数などが急上昇して、血管が詰まりやすくなります。寝ている間は、水分を取っていないので、ただでさえ血液は濃縮してドロドロ状態、そこに沢山の血液が流れ込むわけです。

そうすると血管が詰まって、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす恐れがあるのです。ですから、朝目が覚めたらコップ1杯の水をゆっくり飲みながら、気分を落ち着かせ、それから朝風呂や冷水シャワーを試して見て下さい。

因みに、この時期に冷たいシャワーを浴びていると寒い冬も、ちょっと勇気がいりますが、すんなり受け入れられますよ。