坐禅をすると心の安定物質セロトニンが増える

 

先日、お陰様で当室主催坐禅会、関の会は318回を迎えました。

ありがとうございます。

坐禅を行うと何が良いのですか?とよく聞かれます。

良導絡カルテを例に出し、説明します。

自律神経が安定してきます。ばらつきがなくなり、生理的範囲に落ち着きます。-

 

 有田秀穂先生の研究では

 ①  セロトニンは脳を活発に働かせ、気持ちをコントロールし良質な眠りに誘う

 セロトニン1
  呼吸法前後はセロトニン濃度が増える
セロトニン2
  参照 日経 Health premie (ヘルス プルミエ) 2008 08月号

 

 

 坐禅20分前後に良導絡カルテを作成しました。 

坐禅前―自律神経のばらつきが少しある
直前
 

 ②坐禅終了直後―ばらつきが少なくなる

セロトニンが上昇したと推測される
直後

 ③終了30分後―生理的範囲に落ちつく

セロトニンのさらなる上昇が推測される。
 
30分後 

坐禅直後のセロトニンと自律神経の関係が示唆され、わくわくしました。
 

 

先日、日本良導絡自律神経学会第546回研修会にて良導絡カルテの特徴についてお話をしてきました。

今後も良導絡カルテの醍醐味を紹介していきたいと思います。
カルテ

室長 今井でした