培養細胞の実験などで、水素の分子が有害な活性酸素を 
抑えることが
わかり、2007年に米医学誌「ネイチャー・メディ
スン」に論文が発表され、以後、水素の医学的作用を確かめ
る数多くの試験が始まった。

 2007年論文の筆頭執筆者は、水素の吸入、経口、点眼などに
よる動物実験で、脳梗塞やパーキンソン病、緑内障などの症状を
改善させる効果があるのを知り、「水素が病気の治療に役立つと
確信するようになった」と研究の経過を語っている。

 現状では、水素を含む水や水素点眼剤などが薬として承認される
段階ではないが、脳梗塞の回復時など救命救急分野で水素ガスの
吸入が薬に近い成績を上げており
、慶応大学病院の研究者は薬の
承認を目指しているという。

 問題は、水素水を飲むことによる効果の証拠がまだ十分に揃って
いない段階で、水素水ビジネスが盛んになってきたことらしい。

 市販の水素水は今のところ、一定の科学的な証拠を基に何らかの
健康効果を表示できる「機能性表示食品」や「特定保健用食品には
なっていない
。 まして、ガンや認知症などに効果があるがごとき宣伝
は明らかに行き過ぎだ。
 
  また、水素は時間がたてば自然と抜けてしまい、水の中に残っている
量は減少するという。

 エセ科学問題に詳しい山形大学の准教授は、「水素が臨床研究で一定
の効果を上げていることは否定しない。しかし、健康な人が市販されて
いる水素水を飲んだからといって、臨床試験で示された病気(脳梗塞
など)の予防になるかと言えば、予防のデータはない」と、臨床研究と
水素水ビジネスを分けて考える
必要があると強調する。

 水素に過剰な期待が寄せられる背景には「水素が活性酸素を抑える
という言い方にもあるような気がする。

 水素の作用メカニズムの解明を目指す名古屋大学大学院教授の研究
で、水素の作用の本質は活性酸素の抑制ではなく水素がヒトの細胞内
の分子に作用し、遺伝子の働きを調節することも
分かっている。

 現状では、臨床研究に着目すれば「効果がある」とも言えるし、市販の
水素水が機能性表示食品にさえなっていない点に着目すれば「効果が
ない」とも言える。 水素水のどの側面を見るかでどちらも成り立つ。

 我々が期待するのは、患者を対象とする臨床研究の進展であり、健康
な人を対象とする水素水ビジネスの繁盛ではないということだ
。 偏った
見方が強くなって、臨床研究が滞るのはよくない。

 消費者は水素水ビジネスの宣伝文句に踊らされることなく、どういう研究
が進んでいるかを自分で調べて冷静に判断することも必要だということです。

                              (新聞記事より抜粋)