日本人の腸内環境 
 便秘 がちだと大腸ガン になるのではないかと心配する人がいるのは、腸内環境の悪化 が細胞
ガン化 を招くイメージがあるからでしょう。日本人の腸内環境はどうなっているのでしょうか?

 最近行われた研究から、この点が明らかになりました。日本、欧米、中国 など12ヵ国から合わせて
750人に参加してもらい、腸内細菌 と、腸内細菌が持つ遺伝子 を国ごとに比較したのです。すると、
国によって腸内細菌の種類 が大きく異なることがわかりました。

 日本人 の腸内細菌は、外国人と比べて、ビフィズス菌 をはじめとする善玉菌 が多く、悪玉菌 が僅か
でした。ご飯などの炭水化物 から無駄なく栄養を引き出すのに役立つ細菌など、体に有益な機能
持つ細菌 が多く生息し、不要なガス を作る細菌 は少なく、更には、日本人 腸の細胞の遺伝子
が付きにく い ことを示すデータも得られました。

 研究者らは、日本人の腸内環境は良好 で、このことが平均寿命の長さ 肥満率の低さ と関連する
可能性があると述べています。近頃は腸の善玉菌を増やす効果をうたう健康食品が花盛りですが、日本
人はちょっと心配し過ぎなのかもしれません。

 この腸内環境に関連して、2015年に面白い実験が行われました。アフリカ系米国人 米国白人
大腸ガン の発症率が高く、同じアフリカ系で比べても南アフリカ人 より10倍以上大腸ガン になり易い
ことがわかっています。

 この実験は、アフリカ系米国人 には南アフリカ農村部 の食事を、南アフリカ人 には米国式 の食事を
2週間にわたって摂ってもらうというもので、実験の前後に参加者の便を採取 し、大腸内視鏡 を使って
腸の粘膜 を調べました。すると、わずか2週間でアフリカ系米国人 の腸内環境が変化して、ガン細胞
を殺すための免疫機能 に関係する物質が増加 していたのです。

 これに対して南アフリカ人 は、大腸の粘膜に炎症 が起きていることを示す数値が大きく上がってい
ました。南アフリカはトウモロコシ が主食で、米国式の食事と比べて食物繊維 が凡そ5倍多く、動物性
脂肪と蛋白質 が少なくなっています。このことから研究者らは、米国 大腸ガン が多いのは、食物
繊維 が極端に少なく、脂肪と蛋白質 が多い米国式の食事 に問題があるのではないかと推測していま
す。

 米国に渡ったことで大腸ガン になり易くなったのは、アフリカ人 だけではありません。日系人 も同じで、
しかもアフリカ系米国人 日系人 のどちらも、米国に移住 して世代を重ねると大腸ガン 発症率
国白人 を上回ります。共通点はまだあり、南アフリカの食事 と同じく和食 食物繊維が豊富 で、脂肪
あまり使いません。やはり、ここに大腸ガン予防の鍵 があるのでしょうか。

 そして、この実験が重要 なのは、食事内容を僅か2週間変えるだけで腸内環境に明らかな変化 が起
きたことです。腸内環境が綺麗とされる日本人 「他山の石」 とすべきでしょう。腸内環境を悪化 させる
ような食生活があるとしたら、時には良いとしても、何日も続けない ようにしたいものです。

                                            ” 日本人の体質 ” より抜粋