健康寿命を延ばすのに有効か    ピンピンコロリ につながるかも?
 厚生労働省によると2013年の 日本人男性 平均寿命 80.21歳 であるのに対して
健康寿命 71.19歳、 女性 平均寿命 86.61歳 に対して 健康寿命 74.21歳。  
平均寿命 健康寿命 の間には、男性 約9年、女性 約12年 の差がある

 この差は、日常生活に制限のある 「 健康ではない期間 」 を意味する。 平均寿命 がいくら
延びても、 健康寿命 が延びなければ、ありがたい話ではない。

 米エモリー大医学部のダニエル・カルマン博士は、 寿命延伸効果 の中から 健康ではない
期間(虚弱) を延ばす要素だけを 除去 できれば、終末期 介護状態 に陥ることなく、いわゆ
る 「 ピンピンコロリ 」 を達成できる可能性について、動物モデルを使って検討した。

 カルマン博士らのチームは、線虫 特殊な餌 を与えると 死の直前 まで活発に動き回り、
殖活動 も持続する現象に着目。 線虫が とする 大腸菌 には、インドール という 化学物質
生み出すタイプ と、生み出さないタイプ がある。

 実験で、前者を食べる線虫 の方が 活動的 で、 生殖機能も若い ことを見出した。 インドール
系の化合物 ブロッコリー ケール などの 野菜 にも含まれている 栄養成分 で、ガンの予防
効果も報告されている。

 驚くべきことに、更に マウスの腸内 インドール を生み出す 大腸菌を移植 すると、マウスは
高齢の28か月齢 になっても 活動的で若々しさ も維持していた。

 インドール 腸壁のバリアー機能 を支え、炎症を抑える 効果があることから、腸内環境を若
く保つ ことが 健康寿命 を延ばす要になる ーーー とカルマン博士は主張する。
 
 ピンピンコロリ を遂げるためにも、ブロッコリー などの 野菜 を摂取して 健康的な食生活 を送り、
何時までも 腸内環境 を良い状態にしておくことが重要だろう。                                
                            (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)
                        新聞記事 Dr.白澤 100歳への道 より 転載