実験では認知機能向上
 話題の 糖質制限 ダイエット目的 で実践している人は多いだろう。 一方、ケトン体食 は、より
厳しい糖質制限 をして 血液中のケトン体 の濃度を上げる食事法。

 医師の管理下で、てんかんや認知症、ガンの治療食 として普及しつつある。 肥満やガン、薬で
治らない 免疫疾患 などに 断食療法 が応用され 治療効果 が認められてきたが、最近の研究で、
断食 で誘導される ケトン体の効果 であることが分かった。

 ただ、極端な 糖質制限 を続けて ケトン体の濃度 を維持するのは現代人の生活の中では難しい。

 米国バック加齢研究所のエリック・バーディン博士らの研究チームは、マウス の実験で、通常餌
ケトン体餌 を交互に繰り返す 「 周期的ケトン体餌 」 を与えると、通常餌 を食べている期間は ケトン
血中濃度 が維持されないものの、健康寿命 が延び、認知機能 も向上していることを明らかに
して話題を呼んでいる。

 チームは 通常餌 で飼育された 1歳年齢 人間では中年期) のマウスを 炭水化物 中心の餌 (
ンパク質10%、脂肪13%、炭水化物77% ) ケトン体餌 10%、90%、0% ) 高脂肪餌
10%、75%、15%) 周期的ケトン体餌 を週単位で交代 ) 周期的高脂肪餌
を週単位で交代 )の 5群 分け、マウスの高齢期 である 2歳齢 死亡率と認知機能 を評価した。

 その結果、周期的ケトン体餌群 で最も 健康寿命 が延び、記憶力 が強まるなど 認知機能
向上していた。 認知機能 の評価は 通常餌 を与えた週に行っており、血中 ケトン体 が認められな
くても改善されることが分かった。

 人間 の場合、年に数回の 断食 でも 健康効果 が認められることは知られていた。 紹介した研究は
あくまで 動物実験 だが、ケトン体食 の実践を可能にする ヒント になりそうだ。
                               (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

                          新聞記事 Dr.白澤 100歳 への道 より転載