ビール の醸造過程で原料の ホップ から出る 苦み 成分に、肥満 でリスクが高まる 認知機能低下を改善する効果があることをキリンホールディングス傘下の健康技術研究所が解明した。 7月にロンドンで開催した 国際アルツハイマー病学会 で発表した。

 この成分は イソα酸 と呼ばれ、ビール 1 リットルに10~30 ミリグラム程度含まれる。 コク苦み が強いビールの方が多いといい、キリンは将来的に 飲料 サプリメント などの商品化を目指す。

 研究所では今回、イソα酸入り 高脂肪 の餌を与えるマウスと イソα酸なし のマウスに分けて実験。 イソα 酸入り の餌を食べたマウスには、 老廃物 の蓄積による 脳内炎症や肥満 抑制作用認知機能 の改善が示されたという。
                                                                          新聞記事より 転載