肝臓の解毒パワーがダウンする時
 食生活 に偏りがあり、必要な 栄養素 がバランス良く摂れていないと、頼みの 肝臓 解毒パワー
が大幅にダウンします。

  解毒 にとって第一に必要なのは、タンパク質。 酵素 タンパク質 ですから、タンパク質 が足りな
いと フェーズ1で中心的な役割を果たしている 酵素シトクロムP450 がスムーズに作られなくなります。
シトクロムP450 には も必要ですから、の不足でもフェーズ1が滞ります。 ビタミンB群 の不足
もフェーズ1の進行にブレーキをかけてしまいます。

 フェーズ1で 解毒 された有害物は、フェーズ2で アミノ酸 と「 抱合体 」を作って安定化を図りますが、
タンパク質 が足りないと アミノ酸 も欠乏しますから、「 抱合体 」が必要に応じてつくられなくなります。

 フェーズ1が順調に進んだとしても、タンパク質不足 でフェーズ2の過程が スローダウン すると、「
合体 」を作って安定化しない 水酸化 された有害物が増えてきます。 これらの 中間代謝物 を放置す
ると 活性酸素 が生じて 酸化ストレス が増大しますし、炎症 を引き起こす物質が生じ易くなり、慢性疾
の引き金になるのです。

  コーヒー お茶 などに含まれている カフェイン も、フェーズ1とフェーズ2の切れ目のない引き継ぎ
を狂わせる恐れがあります。 カフェイン にはフェーズ1だけを促進する働きがあるのです。 フェーズ1
だけが速く回るとそれにフェーズ2が追い付かなくなり、結果的に 中間代謝物 が溜まって 酸化ストレス
炎症 の害を受け易くなります。

 カフェイン でフェーズ1が速く回り過ぎると、医薬品の 有効成分 が設計よりも速く 代謝 されてしまい、
効きにくくなります。  こういうタイプを「 アーリーメタボライザー 」と呼びます。 アルコール も、カフェイ
と同じ様にフェーズ1の回転数を上げる作用があります。 お酒好きの人 麻酔薬 が効きにくいと
よく言いますが、これは恒常的にお酒を飲んでいると アルコール の作用で「 アーリーメタボライザー
となり、麻酔薬 が所定の効果を発揮する前に分解されて 無力化 するからです。

 カフェイン アルコール への感受性には個人差があります。 しばらく カフェイン アルコール
断ってみて、体調 が良くなったり、何時も飲んでいる がよく効く感覚があったりする場合には、カフェ
イン
アルコール 過剰摂取 がマイナスに作用していることも考えられますから、それ以後は 節制
が求められます。

 女性 妊娠中 更年期 などに 肝斑 という褐色の シミ が出来ることがあります。 その 治療薬
ある「 トランシーノ 」には、フェーズ1の 中間代謝物 から生じる 活性酸素源 である キノン 無害化
トラネキサム酸 と、フェーズ2に関与する グルタチオン が配合されています。 肝斑 中間代謝物
毒性 から生まれるものなので、中間代謝物 を処理してその先のフェーズ2を回してやれば、シミ が薄
くなるのです。 「 トランシーノ 」を使わなくても、タンパク質 鉄、ビタミンB群 といった 肝臓 解毒作
に関わる 栄養素 を摂ると 肝斑 は軽くなってきます。
                                                                                                                                 次回に続く
                                  ”慢性病を根本から治す” より転載