過食など改善に効果
 糖尿病 肥満予防 の効果があるとして注目される 希少糖 の一種 「アルロース」 に、過食など
異常な 摂食リズム 改善効果 のあることが分かったと、自治医科大学医学部や香川大などの
共同研究チームが9日、英科学誌「 ネイチャー・コミュニケーションズ 」(電子版)に発表した。

 自治医科大の矢田俊彦教授(生理学)らによると、「ゼロカロリー甘味料」 とされる アルロース を
マウス 経口投与 すると、糖尿病改善効果 のある 腸ホルモン(GLP-1) の分泌を促し、情報
を伝達する 内臓感覚神経(求心性迷走神経) を介して に作用。 満腹感 を得ることで 摂食
抑制できる仕組みが判明したという。

 夜食 など不規則な食事は 肥満 の一因とされるため、アルロース の経口投与により、食事療法
どへの応用が期待できるとしている。

 矢田教授は 「食事 の喜びを保ったまま カロリー抑制 にもつながる 希少糖 は、肥満 糖尿病  
改善にも効果がある。 メカニズム を解明したことで 創薬 への応用も期待されると話している。

 
                                              新聞記事 より  転載