カフェイン血中濃度3分の1
 手足 などがうまく動かせなくなる パーキンソン病 の患者は、健康な人 に比べて 血液中
フェ
イン濃度 が低いことを順天堂大のグループが発見した。 新たな 診断法 治療法 の開発
に繋がる可能性がある。 4日付の米専門誌に発表された。

 パーキンソン病 手足 が震えたり、転びやすく なったりするなどの症状が徐々に進行する。
の動きを調節する 神経細胞 の減少が原因とされる。

 コーヒー などに含まれる カフェイン パーキンソン病 予防効果 があることは最近の複数の
研究で分かってきた。 研究グループは、患者の 血中 カフェイン に着目。 患者108人
康な人31人 カフェイン濃度 を比較したところ、患者の カフェイン濃度 健康な人 3分の1
程度しかなく、カフェイン関連 9 物質 の濃度も低かった。

 カフェイン には 神経細胞 を保護する役割があるとみられる。 グループは、パーキンソン
の患者は 小腸 カフェイン を吸収する力が弱いため 血中濃度 が低くなり、発症リスク が高
まると結論づけた。

 同大の斉木臣二准教授( 脳神経内科 )は 「 採血 による早期の診断法を開発し、発症予防
病状 進行抑制 につなげたい。 カフェイン 皮膚 から吸収できる薬の開発も進める 」 と話し
ている。

                                        新聞記事 より  転載