普段、口の中 にいる 細菌 の中で増えると、慢性 炎症 が起きる 潰瘍性大腸炎
クローン病 といった 難病 の原因となる可能性があると、慶応大などのチームが米科学誌 サイエン
に発表した。

 チームの本田賢也・慶応大教授は 口の中 清潔 にすれば、難病 の治療や予防につな
がるかもしれない と話している。

 粘膜 慢性 炎症 潰瘍 が起き、腹痛 下痢 の症状が出る 潰瘍性大腸炎 クロ
ーン病
は、原因不明 で完治する は今のところない。

 チームは、クローン病患者 唾液 を、無菌状態 で育てた マウス の口に入れると、腸内 炎症
を引き起こす 免疫 細胞 が増える例があることを発見した。 マウス 細菌 を詳しく調べる
と、普通は 口の中 にいて にはいない 「肺炎桿菌」 という 細菌 で増えたのが原因だと分か
った。

 通常の マウス でも、抗生物質 細菌 を弱らせた後に 肺炎桿菌 を入れると増え易いことが
判明した。 肺炎桿菌 健康 な人の にもおり、高齢者 免疫 の働きが落ちている人では 肺炎
の原因となる。 炎症 を起こし易い 体質 の人では、で増えると 難病 の発症につながる恐れがあ
るという。
                                       新聞記事 より 転載