マウス実験で認知機能改善
 糖尿病 アルツハイマー病 の発症リスクを 2倍 にするが、糖尿病 を制御できれば アルツハイ
マー病 を合併した 糖尿病患者 認知機能 を改善させられるのか? 英ランカスター大のクリス
チャン・ホルシャー博士らの研究チームは インクレチン という ホルモン に着目した。

 インクレチン インスリン の作用を増強させる 消化管ホルモン の総称で、その作用を高める
口薬 注射製剤 糖尿病患者 に広く使われている。 研究チームは、こうした インクレチン製剤
の中の一つが、インスリン を分泌している 膵臓 ベータ細胞 のみならず 神経細胞 にも作
用する点に注目。  

 6ヶ月齢の アルツハイマー病 マウス にその製剤を 2ヶ月間、毎日 注射し続け、8ヶ月齢 マウ
認知機能、アミロイド 沈着量、脳 炎症、神経栄養因子 分泌 を検討した。 一方、対照
ネズミ には 毎日、生理食塩水 を注射した。 製剤 を注射された マウス は対照群に比べて、明
らかに 空間記憶 が保持されており、学習機能 も改善していたのである。

 解剖して を調べると、アルツハイマー病 の病変である 老人斑 が減少し、炎症 が抑え
られていた。 更に 神経栄養因子 対照群 2倍 も分泌されていて、海馬 での 神経幹細胞 の活
発な 神経再生 が認められた。


 今回の結果は マウス 実験結果 ではあるが、実際に臨床で使用されている薬に 認知症 改善
効果 が認められたことから、ヒト での 臨床治験 での良い結果が期待できるとホルシャー博士は力
説する。 

 インクレチン製剤 糖尿病 を合併していない 認知症患者 認知機能 を改善させる効果があるか
などは、今後 研究課題 だ。
                                                                  ( 白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長 )

                     新聞記事  Dr.白澤 ” 100 歳 への 道 ” より 転載