卵の積極摂取が有効か
 厚生労働省は2015年、男性 750 ㎎ 、女性 600 ㎎ 未満としてきた 1 日の コレステロール
摂取基準を撤廃し、 摂取推奨量を 1 日 1 個以下としてきた栄養指導基準を見直した。
卵黄 に含まれる コレステロールレシチン 認知機能維持 に重要な役割を果たすこ
とも再確認され、認知症予防 栄養学 でも が見直されている。

 そんな中、 摂取が 運動後 筋肉合成 を増強するという米イリノイ大の研究結果が話題を
呼んでいる。 高齢期 には 加齢性筋肉量低下症(サルコペニア)歩行障害 転倒 が起こり
易くなることから、この研究成果により 高齢期 タンパク質 摂取における の重要性が再確
認されたと言える。 

 ニコラス・ブード博士らの研究チームは、卵黄 には 卵白 にない栄養成分があり 筋肉 タン
パク合成 に重要な役割を果たしている可能性に注目した。

 健常被験者10人を対象に、30分の 筋トレ の後、① タンパク質 18 g に相当する 全卵 を摂
取した後と ② タンパク質 18 g 卵白 のみを摂取した後で、血液中 アミノ酸 を測定し、更に
生体検査 によって 筋肉 代謝 および新しく合成された 筋肉組織 の量を調べ、それぞれ比較
検討した。

 その結果、分解された アミノ酸 の量や 筋肉細胞 代謝 ① ② で同等であったが、運動
より新たに合成された 筋肉組織 の量は  ②  に比べ  ①  の方が  41%  も多いことが分かった。
卵黄 には 卵白 には含まれない ビタミンミネラル成分DHAリン脂質 などの 脂肪成分
豊富に含まれていることから、それらが 運動後 筋肉組織再生 に関与しているとブード博
士は考察する。

 高齢期 には 認知症 サルコペニア予防 が重要課題であるが、認知機能低下
筋肉量低下 の両方を予防できる 食材 として有望と言えるだろう。


                                                                      ( 白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長 )

                                   
新聞記事 Dr. 白澤 ” 100 歳 への道 ” より  転載