太極拳 転倒予防効果 幸福感、健康感 を高める効果があることを本コラムで紹介して
きた。 多くの 高齢者 が  転倒・骨折をきっかけに 要介護状態 になることが知られている。 
護予防 の要として 転倒 を防ぐ戦略が問われており、中でも 太極拳 は世間の注目を集めてい
る。

 一般社団法人 「 国際メディカルタイチ協会 」 は、高齢者 の転倒予防のため 太極拳 のイン
ストラクターを 介護老人保健施設 派遣して、太極拳 をベースにした運動プログラムを指導して
いる。 その中でも強調されているのが、「 ゆったりとした 呼吸法 だ。

 太極拳 のゆっくりとした動作に合わせた呼吸法で、効率よく 酸素 を取り入れることが出来る。
日常生活に追われ 緊張感 が持続する 現代人 は、呼吸 が浅くなりがちだ。 毎朝、リラックス
して楽しめる 太極拳 には 心肺機能 を高める効果も期待される。

 そんな中、英インペリアル・カレッジ・ロンドンのユアン・ミン・ルオ博士らの研究チームは、太極
のリハビリテーションと同様の 呼吸機能改善効果 があることを明らかにした。

 研究チームは 中国農村部 に住む 慢性閉塞性肺疾患 を有する 120 人を 2 群に分け、第 1
群には病院で行われている従来の 肺リハビリテーションプログラム 週に 3 回、第 2 群には
週 5 回の 太極拳プログラム を 12 週間にわたって指導。 心肺機能 呼吸困難感 などの
症状 を比較・検討した。

 その結果、太極拳 には従来の 肺リハビリテーション と同等の 呼吸機能改善効果 があること
が 分かった。 興味深いことに、太極拳グループ では 6 分間の 歩行距離 が従来の リハビリ
テーションプログラム群 よりも伸びていた。

 高齢者 転倒予防 呼吸機能維持 のためにも、太極拳 を取り入れてみてはどうだろうか。

                                                               (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

                      新聞記事 Dr. 白澤 ” 100 歳 への道 ”  より 転載