腸内細菌に影響
 クルミ 認知機能 の改善効果がある オメガ 3 脂肪酸 の含有量が高い ナッツ で、健康長寿
の食材として知られている。 長寿県・長野では クルミ味噌 として、「 おやき 」 や 「 ニラせんべ
」 など伝統的な 信州料理 の食材の一つとして、あるいは そばつゆ に入れたりして 家庭料理
の中で親しまれている。

 そんな クルミ 腸内細菌叢 に影響を与えることにより、健康長寿効果 をもたらす可能性を示
唆する研究結果が報告され話題を呼んでいる。

 米イリノイ大のハンナ・ホルシャー博士らの研究チームは、健康な男女18人を3週間 クルミ
毎日42g 摂取する群と非摂取群に2群に分け、摂取前後で糞便中の 腸内細菌叢、胆汁酸 や血
液中の コレステロール などの指標を比較検討した。

 その結果、クルミ 摂取群は フィーカリバクテリウム属、クロストリジウム属 などの 菌数 が非摂
取群より 49~160% 高く、逆に ルミノコッカス属、ビフィズス属 などの 菌数 16~38% 低か
った。 更に クルミ  摂取群の 血清LDLコレステロール値 クルミ 摂取後、非摂取群に比べて
7.7% 低下していた。

 ホルシャー博士は クルミ 摂取群で増えた 腸内細菌叢 の多くが 酪酸 を分泌する点に注目した。
酪酸 は様々な 健康長寿効果 が報告されているが、酪酸 を分泌する 腸内細菌 は、近年では
康長寿者 腸内 で特徴的に検出されることから 「 長寿菌 」 と呼ばれることもある。

 クルミ を摂取することにより、長寿菌 が増えて 健康長寿効果 をもたらしている可能性がある。
一方で減少した 腸内細菌叢 炎症性 胆汁酸 の産生に関与していることから、炎症性
の減少が LDLコレステロール の低下につながったのではないかと考察する。

 信州の 健康長寿 を支える伝統料理の食材として クルミ味噌 をお薦めしたい。

                                                                     (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

                      新聞記事 Dr. 白澤 ” 100 歳 への道 ”  より  転載