鼻の孔は交互に呼吸している
 の孔はどうして二つあるのでしょう?
 また、多くの人は、左右の の孔から空気を同時に吸い込んで呼吸していると思っている
のではないでしょうか。

 ところが、実際には、は交互に孔を使って呼吸しているのです。

 体がそれほど 酸素 を必要としていない時は、片方の 鼻甲介 ( 鼻の中にある粘膜で覆われ
たヒダ) を 膨張 (充血) させて空気の通りを塞ぎます。 こうすることで、一方の を休ませて、
効率よく呼吸しています。 つまり、は省エネ をしているのです。 また、敏感な 嗅覚 を休ま
せるという意味もあります。

 左右の の孔を交互に使っていると、どちらか一方が空気を吸う量が多くなります。 する
と、いわば 「 利き鼻 」 になり、左右の の孔の嗅ぎ分ける能力にも差が生じるのです。 
の通りが良い方が、より ニオイ を感じ易くなります。

 左右が交代する周期は個人差がありますが、大体 1~2 時間毎 と言われています。

どうやってニオイを感じているのか
 嗅覚 は、危険から身を守るための大事な感覚です。 そのため、動物の 嗅覚 は、かなり発
達しています。 しかし、人間 は文化的な生活をするにしたがい、嗅覚 が退化しました。 それ
でも、生活するうえで 嗅覚 は、やはり重要な働きをしています。

 ニオイ を感じるのは、鼻腔 の最上部にある切手一枚ほどの大きさの 嗅覚器 です。 ここには
嗅粘膜 があり、その中にある 「 嗅球 」 という 受容細胞 が、ニオイ を感知しています。
 味に 甘い、苦い、辛 といった基本となる味があるように、ニオイ にも 原臭 があります。

 腐敗臭、刺激臭、エーテル、ショウノウ、ジャコウ、芳香、ハッカ 。 これらの ニオイ嗅球
選り分けています。 
 
 人間の ニオイ受容細胞 は約 500万個ですが、は約 2億個と推測されています。 その
うえ、感度も 人間 よりずっと優れています。
 犬の 嗅覚 人間 とは比較にならないほど鋭敏で、例えば の一成分を嗅ぎとる能力で比べ
ると、人間 100万~1億倍の能力を持っているのです。

 さて、が詰まると ニオイ が分からなくなるのは、無意識に 口呼吸 をするようになるため、
の流れが変わって  「 嗅球 」 まで届かなくなるからです。
 
 通常の 呼吸 の場合、鼻腔 では空気が下の方を流れるので、ニオイ が拡散していまいます。
そこで、クンクン と 呼吸 を小刻みにすることで、空気が効率よく 嗅球 に届いて ニオイ がより感じ
られるようになります。  

 しかし、嗅覚 はとても デリケート で、また疲れ易いので、最初は ニオイ を感じても、しばらくす
ると鈍くなり、何も感じなくなってしまいます。
 ガス の ニオイ でさえも臭くなくなるのです。 ガス中毒 は、この 嗅覚 が鈍ったことで起こります。

                                                                       坂井建雄 著 ” 面白くて眠れなくなる人体 ” より