オシッコ が出るのは何のため?
 ハメ を外して ビール を飲み過ぎた時、やたらと トイレ が近くなりますね。 また、夏の暑い日に
運動 をして流れるほどの をかくと、色の濃い オシッコ が少しだけ出ます。
 このように、その時の状況で私たちが出す オシッコ の色や量は変化します。

 オシッコ は、腎臓 が作っています。 腎臓 は左右にありますが、合わせても 300g 程の重さで
す。 にもかかわらず、心拍出量 20% 以上の 血液 が流れる大きな働きをする臓器です。

 腎臓 の仕事 ーーー それは、体内で不要になったものを オシッコ にして排泄することです。

 皆さんは 腎臓 を、ただ オシッコ を作って不要なものを捨てている臓器だと思っていませんか?
 腎臓 が何のために オシッコ を作っているのかというと、実は 体液 ホメオスタシス恒常性
を目指しているからなのです。

 呼吸 するのも、血液 を循環させるのも、全身の 細胞 が生きていくための大切な条件です。 そ
のためには 体液 の量と成分 が一定であることが前提です。 ところが、体液 の量と成分について
は、呼吸器 循環器 消化器 も無責任です。

 体液 の量は、循環する 血液 の量に関わっています。 多すぎると 高血圧 になり、少なすぎると
循環 が滞ってしまいます。 また、体液 細胞 が生きていくための環境でもあるので、成分が変
動すると 細胞 は働けなくなり、死んでしまうのです。

 腎臓 内部j環境 の恒常性を維持する ーーー 即ち ホメオスタシス を単独で担っています。 
責任感の強い 腎臓 は仕事を全うするために、体液 に変化があると 循環器 血圧 を上げるよ
うに指示しますし、体液 の量を増やす ホルモン を出すようにも指示しています。

腎臓 水分と塩分 を調節
 体液 の量と成分を一定に保つには、特に 水分 塩分 の出る量と入る量の バランス をとる必
要があります。
 体内の 塩分濃度 は、人の 生命 を左右するほど重要なものです。

 例えば 血液中 には カリウム が殆んど含まれず、ナトリウム濃度 は一定です。 ナトリウム
0.9 % と決まっているので、これより高くても低くても、細胞 は生きていけなくなります。

 「 体内 に注射しても良い塩分濃度 」 も 0.9 % 。 これが 生理食塩水 塩分濃度 です。

 もしも間違って 塩化カリウム を注射しようものなら、人はたちまち死んでしまいます。 血液
に  カリウム が多くなってはいけません。 
 生きている 細胞 は、必ず 細胞 ナトリウム があり、細胞 カリウム が多い状
態 を保っています。 そのため、細胞膜 には二種類の 生命維持装置 が付いています。

 一つは、ナトリウムポンプ です。 細胞が活動すると、細胞ナトリウム が進入して、細胞
ナトリウム が少し増えます。 この時 ナトリウムポンプ ATP という分子を分解して、そ
のエネルギーを利用し、ナトリウム を細胞の に出し、カリウム を細胞の に戻します。
 もう一つは、カリウムチャンネル です。 細胞カリウム が増えると、その 濃度差 カリウ
の一部が 細胞に逃げるという装置です。

 細胞 が生きるためには、体内 塩分濃度 は一定に保たれていなければなりません。 つまり、
ホメオスタシス を保ち、細胞 が生きられる環境を整えている責任者が 腎臓 という訳です。
 腎臓 生命 を支えているとも言えますね。

 皆さんが ジュース を飲み過ぎたりした時は、多くの 水分 が体内に入り、余分な 水分
捨てるために三十分後には トイレ に駆け込むように 腎臓 が帳尻を合わせています。
 また、をかいて体内の 水分 が減ってくると、塩分濃度 が高くなるので、オシッコ の量も少な
く して、塩分 を多く含んだ濃い 尿 を少量出すように調節。 塩分 が排泄されるので、体内の
濃度 が下がります。

 また、塩分 を摂り過ぎると、腎臓 塩分 を排出します。 塩分 を取り込むことは簡単です。 塩
辛い物を食べれば良いのです。 ところが、腎臓 塩分 を出すには、数日という時間を要します。
 塩分 が体内に溜まると、体内の 塩分濃度 を一定に保つために 体液 の量が増えてきます。 つ
まり、水膨れ になるのです。 血液量 も増えますから、心臓 が送り出す 血液量 も増えて 血圧
上がります。 そのため、高血圧 の人は 塩分制限 が必要になるのです。

オシッコの黄色の正体
 オシッコ には、「 これだけの成分で、これだけの量を作ればよい 」 という基準値はありません。
何故なら、状況によって 臨機応変 に変化しないといけないからです。 それが出来るかどうかが、
まさに 腎臓 の真髄です。

 予め オシッコ の量は決まっていないのですから、変動 して当たり前。 普通に生活していれば、
大体この位の範囲に収まるという アバウト なものが、正常値 といわれる範囲です。 ただ、正常
 から外れていれば、体 に何か 病気 があると判断する目安にはなります。 けれども、尿 の色
はあまり当てになりません。

 実は、オシッコ を舐めると、ちょっと ショッパイ 味がします。 塩分 が溶けているからです。 
ッコ の成分は約 95%水分 で、残りは 固形物 です。 固形物 には タンパク質 が 代謝
使われた 残りカス が含まれています。

 したがって、尿 タンパク 自体は混じっていません。 通常は、腎臓 糸球体 で濾過された
後、 尿細管 で 再吸収 されて 血液 に戻されて 再利用 されるからです。 しかし、腎臓 の 機能
が低下していると、タンパク が 再吸収 されずに 尿 に混じることがあります。
 この他、激しい 運動 をした直後や 風邪 などで 高熱 を出した時にも、尿 タンパク が混じるこ
ともあるため、「 尿タンパク 」 を指摘された時には、念のために 再検査 をしたほうが良いでしょう。

 また、オシッコ 黄色 の正体は 「 ウロクローム 」 という 色素 です。  

 ウロクローム は、ウンコ と同じ ビリルビン に由来します。 ビリルビン は、古くなって壊さ
れた 赤血球 の 色素 なので、黄色 をしています。 腸内細菌 に分解された ビリルビン は、ウロ
ビリノ
ーゲン に変化し、更に 肝臓 から 腎臓 に 排出 される時には ウロクローム に変化します。
 
 いくら変化しても 由来 は一緒ですから、オシッコ 黄色 をしているわけです。