住環境が変化し、畳の上での生活が少なくなったことで、私たち日本人は 正座 をする
機会もなくなりつつあります。 そのため、たまに 正座 をすると、特に若い人は足が 痺れ
る ようです。

 正座 をして足が痺れるのは、一時的に起こる 血行障害 によるものです。

 足には、筋肉 の 動き を担当する「 運動神経 」と、痛い・冷たい と感じる「 知覚神経
が通っています。
 正座 をすると、体の重みが足にかかることで 血管 が圧迫されて、血液 の流れが悪くな
ります。そうなると、筋肉 や 神経 が 酸素不足 を起こし、一時的に 麻痺 した状態になるの
です。

 運動神経麻痺 が起こると、足の甲 が伸びきったままで 足首 を曲げられないので立
てなくなります。 知覚神経 の 感覚 が鈍くなると、足を つねって も何も感じなくなります。
 
 これは一時的なものなので、姿勢 を変えたり立ち上がったりすれば足の 血流 は元に戻
り、覚神経 の 感覚 も回復します。 麻痺 した状態が改善した時には、足に ピリピリ し
た 「 痺れ 」が現われます。 これが 「 足が痺れた 」 ということです。

 しかし、正座 に慣れてくると、足の 血管 は圧迫されているのに、足は 痺れにくく なります。
つまり、「 足の血行が悪くならない 」 のです。

 実は、動脈 には必要に応じて 太くなったり細くなったり する性質が備わっています。
習慣的に 正座 をしていると、足を通っている太い 動脈 と並行して、細い 横道の動脈
増えてくるのです。 そのため、長時間 正座 をしても、足には必要な 血液 が届くことで、
痺れにくく なります。

                                                                          坂井建雄 著 ” 面白くて眠れなくなる人体 ” より