動脈硬化骨折皮膚のシワ歯肉退縮 ・・・・・ 。
一見関係なさそうに思えますが、機能性医学 ではこの4つの疾患には ホモシステイン
濃度が関係していると考えています。

 ホモシステイン は、体内で合成されない 必須アミノ酸 メチオニン の代謝プロセスで
生成されます。 ホモシステイン からは、肌代謝 を正常化して シミ を生じにくくする シス
テイン、エネルギー産生に関わる α・ケト酪酸 の前駆体、あるいは必要に応じて再度 メチ
ニン が合成されます。 しかし、この 経路 ( パスウェイ ) が滞って体内濃度が上昇す
ると、ホモシステイン 自己酸化 を起こして 活性酸素 が増えてきます。

 ホモシステイン から生じた 活性酸素 コレステロール を酸化させて、それが 血管壁
に蓄積すると 動脈硬化 が始まります。

 また、ホモシステイン 血管 を広げる働きを持つ 一酸化窒素 ( NO )の産生を抑え
て、血小板 の働きを活性化して血の塊である 血栓 が生じ易い環境を作り、血管事故に
よる 心臓病 脳卒中 の危険度を上げます。

 血管 コラーゲン から作られていますが、ホモシステイン コラーゲン の質を低下
させて弾力性を落とし、動脈硬化 を悪化させます。 コラーゲン は全身の タンパク質
およそ 3分の1 を占めている繊維状の作りをした 構造タンパク質 です。

 ホモシステイン コラーゲン の質を下げる理由は2つあります。

  活性酸素 からは AGEs終末糖化産物)が生じます。 AGEs は身体を作る タンパク
糖質 が体温で温められて生じる物質。 この反応を 糖化 と言います。

 パンやお肉を焼くと美味しそうな焦げ目が出来ますが、あれも 糖化メイラード反応)。
糖化 は美味しさの元ですが、体内で発生した AGEs コラーゲン を作る分子の配列を
乱して弾力性を低下させます。 更に ホモシステイン の濃度が高くなりすぎると、コラー
ゲン の分子を正しく配列させている コラーゲン分子架橋酵素LOX)の濃度が下がります。
それも結果的に コラーゲン の質の低下につながります。

 皮膚 歯肉 もその骨格は コラーゲン で作られていますから、ホモシステイン
増えすぎると が脆くなって 骨折 し易くなったり、皮膚 シワや弛が生じたり、歯肉
が後退して 歯茎 が痩せたりするのです。

 血管 にも にも良くない ホモシステイ ンが増える理由に、6、12、葉酸9)と
いった ビタミンの不足があります。 つまり、をきちんと摂れば、動脈硬化
骨折 などのリスクが下げられるのです。 

 6 ホモシステイン を速やかに システイン に転換し、12 ホモシステイン
チオニ
に転換する メチル化 を行います。 そして 葉酸 12 の働きを助けてくれる作
用があります。 

 はいずれも 水溶性 で一度にたくさん摂っても当座不要な分は 尿 に混じって排泄さ
れ、蓄えることが出来ません。 従って、日々の 食事 サプリメント からのこまめな摂取
が求められます。 2008年の厚生労働省研究班によるコホート研究では 6 、12 、葉酸
の適度な摂取により、動脈硬化 が引き起こす 心筋梗塞 のリスクが 3748下がったとい
う報告が出ています。

 この他、タンパク質 の合成には 亜鉛 ビタミン6 が必要ですし、コラーゲン の立体
構造を作るために が要り、使用済みの を再生するには ビタミン も欠かせません。

                  斎藤糧三 著  「 機能性医学 」の考え方
                         慢性病を根本から治す より転載