ホルモンが作用
 これまでの研究から、適度な 運動 海馬 の容量を増やし、高齢期
認知機能 の維持に重要な役割を果たすことが報告されていたが、メカニズ
ついては必ずしも詳細には理解されていなかった。

 最近、運動 により分泌が増加する「イリシン」という ホルモン が 記憶力 を
高める作用があると報告されて話題を呼んでいる。

 ブラジルのリオデジャネイロ連邦大学のフェルナンダ・デフェリーチェ博士
らの研究チームは、運動時 に 筋肉細胞 から分泌される イリシン という ホル
モン の 記憶 に重要な役割を果たす 海馬 神経細胞 に作用する点に
注目した。

 イリシン 筋肉細胞 のみならず 海馬 でも分泌されているが、研究チーム
アルツハイマー病患者 で測定したところ、その 発現量 が減少してい
た。 更に アルツハイマー病 を発症したモデルマウスでも イリシン の 発現量
が減少していることを確認した。

 研究チームがマウスの 遺伝子 を操作して 海馬 イリシン が 発現 出来ない
ようにすると、マウスの 認知機能 は低下した。 一方、アルツハイマー病
発症したモデルマウスに イリシン を 強制発現 させると、認知機能 は改善した。

 アルツハイマー病 を発症したモデルマウスを 運動 させると 認知機能 は改善
したが、遺伝子操作 により イリシン の 発現 を抑制すると 運動 による改善効果
は見られなくなった。 デフェリーチェ博士は 運動 による 認知機能改善効果
イリシン による作用と考察する。

 これまでも、定期的な 運動 をしている高齢者は 認知症 が予防されていると
報告されていたが、もし、イリシン を増やすことで 認知症 が予防出来るなら、
新たな 認知症 の 予防・治療戦略 が開発出来るかもしれない。 

 いずれにしても定期的な 運動 を心がけて 認知症 を予防したい。
                   (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)   

                   新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より