の代謝を改善
 運動 により体が健康になるメカニズムについて、筋肉細胞 だけでなく 脂肪細胞 から
分泌される因子でも の代謝を改善する効果があることが分かり話題を呼んでいる。

 ハーバード大学医学部のローリー・グッドイヤー博士らの研究チームは、運動 すると
脂肪細胞 から分泌される「TGFーβ 2」という タンパク質 に注目した。 TGFーβ 2
運動直後 脂肪細胞 での分泌が進むことが知られている。

 研究チームがこの タンパク質 肥満マウス に注射したところ、糖代謝 が改善し
に伴う 炎症反応 脂肪肝 が改善することが分かった。 

 運動 により 筋肉細胞 からは 乳酸 が産生されることが知られているが、興味深いこ
とに、運動 により 脂肪細胞 TGFーβ 2 を分泌するのには 乳酸 が関与していること
が分かった。 これまでは、乳酸 運動時 疲労 に関与すると理解されてきたが、
運動 健康効果 に関与することが分かったことで、その生理学的な役割を見直す必
要がありそうだ。

 運動不足 の人は 糖尿病 肥満 になり易いことが知られているが、筋肉組織 のみな
らず 脂肪細胞 生活習慣病 の発症に関与することが今回の研究で明らかになった。

 TGFーβ 2 は強い 抗炎症作用 を示すことから、運動 により 動脈硬化症 を予防した
り、脂肪肝 を改善したりする効果に、脂肪 から分泌される 抗炎症物質 が重要な役割を
果たしているとグッドイヤー博士は考察する。

 脂肪細胞 食欲 を抑制する物質を分泌したり、寿命 を延ばす物質を分泌したりする
という報告もある。 これまで、皮下脂肪 脂肪 を蓄えるだけの組織と理解されてき
たが、健康維持 のために様々な重要な物質を分泌していることが分かってきた。

 高齢期の 健康 認知機能 を保つためにも、脂肪細胞 の役割を解明する必要があり
そうだ。                 (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

              新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より