認知機能 を 高める 可能性
 アルツハイマー病 を 発症すると、脳内 の 神経伝達物質 である アセチルコリン の 量
が 減少 する。 アセチルコリン 合成 の 原料 となる コリン乳製品、肉、卵、穀物、
などに 豊富 に含まれ、脂肪酸 に コリン と リン酸 が 結合 した ホスファチジルコリ
に 多い。

 これまでの 研究 から、コリン の 積極的 な 摂取 が アルツハイマー病 の 発症予防 に
有効 とされ、米国 ではそれを 期待 して 栄養 ドリンク に コリン が 配合 されたりもし
ている。

 そんな中、東フィンランド大 の ジルキ・ビルタネン博士 らの 研究チーム は、コリ
摂取量 が アルツハイマー病 の 発症 のみならず、健常高齢者 の 記憶 や 言語 の 流
暢性 といった 脳 の 側頭葉 や 前頭葉 の 機能 に 関与 している 可能性 に 着目。

 フィンランド 在住 の 42 ~ 60 歳 の 認知症 を 発症 していない 健常男性 2497 人 を
対象 に、コリン摂取量 と 認知機能、認知症 の 発症 の 有無 を平均 21.9 年にわたって
追跡調査 した。

 その結果、調査期間中 に 337 人 が 認知症 を 発症 したが、ホスファチジルコリン
の 摂取量 が多い 男性 は 少ない 男性 に比べ、発症リスク が 28 % 低い ことが 分か
った。 しかし、コリン 全体 の 摂取量 と 認知症 発症 との 関連性 は 見いだせなか
った。

 また、認知機能 との 関連性 については、コリン全体 の 摂取量 が 多い 男性 と
スファチジルコリン 摂取量 の 多い 男性 のいずれも、少ない 男性 に比べ、 記憶 な
どの 側頭葉 機能 や 言語 の 流暢性 などの 前頭葉 機能 が 高かった。

 コリン は 従来、日本 ではあまり 注目 されてこなかった 栄養素 だが、今後 は 中
高齢期 の 栄養管理 をする上で、コリンホスファチジルコリン の 推奨 摂取量 を
設定 する 必要 があるだろう。
                                                     (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

         新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より