砂糖 は ブドウ糖 と 果糖 から 構成 される ショ糖 と呼ばれる 糖質 で、サトウキビ や
テンサイ を 原料 に 精製 される 代表的 な 甘味料 だ。 2014年 の 日本人 の 国民
1人 当たりの 砂糖 の 消費量 は1日45gで、英国 の 93g、米国 の 89g と 比べ
約半分 である。

 食品 に 含まれる 砂糖 の 量 は コーヒー飲料(小)に 18g、サイダー缶 に 36g、
どら焼き100g 当たり 38g、練りようかん100g 当たり 56g、ブレーン チョ
コレート100g 当たり 62g と 報告されている。 料理 では 酢豚 1人前 で 5g、
カツ 丼 1人前 に 7g で 意外 と 少ない。

 最近 の 米国 からの 報告 によれば、現代人 が 摂取 する 糖質 の 約 90% は シリア
ル、焼き 菓子、袋入り の スナック、アイスクリーム などの「 超加工食品 」に 含まれ
添加 糖 だという。

 一方で、砂糖 の 過剰 摂取 は 2型 糖尿病、肥満、虫歯 の 原因 になるとして、世界
保健 機関(WHO)は 03年 に 砂糖 の 消費量 を 総 カロリーの 10% 未満、15年
には 更に 総 カロリーの 5% 未満 にするよう 推奨 している。 また 英国 は 18年、
甘い飲料 や アイスクリーム など 砂糖 含有量 の 多い 食品 に 砂糖税 を 導入 している。

 ” 砂糖漬け ” の 現代人 に 警鐘 を 鳴らすのが、砂糖 が 脳 の 報酬系 に 作用 して 僅か
数週間 の 摂取 で 依存 薬物 と 同様に「 食物 依存 」が 生じる、とした デンマーク・オ
ーフス大学 核医学 の アン・ランダウ 博士 らの 研究 報告 である。

 研究チーム は 豚 7頭 に 12日間 連続 で 濃度 が 25%の 砂糖水 2㍑ を 1時間、
自由 に 摂取 させ、砂糖水 の 摂取 前後 で PET( 陽電子 放射 断層 撮影 ) スキャン を
行い、脳内 の μ - オピオイド 受容体 と ドーパミン 受容体 の 発現 動態 を 解析 した。 
オピオイド や ドーパミン は 幸福感 をもたらす 脳 の 化学 物質。

 その 結果、脳 の 線条体、側坐核、視床、扁桃核、帯状回、前頭 前野 で μ - オピオイ
ド 受容体 と ドーパミン 受容体 が 有意 に 減少 していることが 分かった。

 ランダウ 博士 は たった 1回 の 砂糖水 摂取 で 脳内 の オピオイ ド受容体 と ドーパ
ミン 受容体 が 変化 して 更に 多く の 報酬 を 求める ようになると 考察 する。 つま
りは 幸福感 を維持 するには より多く の 砂糖 が 必要 になり、そこで 依存 が 発生 す
るという わけ だ。
 
  どうやら 食事 に 甘味料 として 使う 程度 に 留めた方 が よさそうだ。
                                                    
                   (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

           新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より