ジャンクフード など 控えて
 炎症性 腸 疾患 とは、腸 に 炎症 が 起き、しばしば 腹痛 と 下痢 が 繰り 返し 起きる
慢性 炎症性 で 潰瘍性 大腸炎 や クローン 病 といった 病気 が 代表的 な 疾患 だ。
最近 では 小麦 に 含まれる グルテン により 腸管 の 上皮 細胞 の バリアー 機能 が 破
綻 して 炎症 をもたらす リーキーガット 症候群(  腸 漏れ 症候群  )が 増えている。

 最近 注目 されたのが、炎症性 腸 疾患 の 患者 は フライド ポテト などの ジャンク フ
ード や チーズ、炭酸 飲料水 などを 摂取 する 傾向 が 高い とされた 報告 だ。 米 ジョ
ージア 州立 大学 の ムーン・ハン 博士 らの 研究 グループ は 2015 年 に 米国 で行われ
た 国民 健康 調査 に 参加した 10 万 3789 人 を 対象 に 炎症性 腸 疾患( 潰瘍性 大腸炎
と クローン 病 )に 罹患 している 人( 患者 )の 割合 を 調査 した 結果、米 国民 の 約
1.28 % が 炎症性 腸 疾患 に 罹患 していると 推定 している。

  このうち 女性 が 57 % と 多く( 男性 は 43 % )、年齢 では 18 歳 から 85 歳 の 高齢
者 まで 幅広く 分布 し、最も 罹患率 の 高かった のが 55 ~ 64 歳 の 中年 女性 だった。

 また 研究 チーム は 調査 対象者 に対 し穀物、果物、野菜、乳製品、肉、魚、クッキー
などの 菓子類、ソーダ などの 飲料水 など 26 品目 に 関して、炎症性 腸 疾患 の 患者 と、
罹患 していない 人 の 摂取量 を 比較・検討。

 その 結果、患者 の 多くが フライド ポテト などの フライ 食品 の 摂取量 が 多い こと
が 分かった。 更に、患者 は フルーツ ジュース の 摂取量 が 少なく、逆に いわゆる ス
ポーツ 飲料 などの 摂取量 が 多かった。

 今回 の 調査 では、患者 が 26 品目 の うち、フライド ポテト といった ジャンク フー
ド や チーズ、クッキー、炭酸 飲料水 などを 摂取 する 傾向 が 強い ことも 明らか にな
った。

 一方で、牛乳 や ポップ コーン などには 摂取量 の 差 を 見いだせ なかった。 報告
の 中で ハン 博士 は、加工 食品 の 中に 含まれている 添加物 や フライ などの 調理・
加工 過程 で 発生 する トランス 脂肪酸 などの 物質 が 腸 の 炎症 を 引き 起こして い
る 可能性 を 示唆 している。 食材 よりは 加工 過程 で 使用 されている 添加物 に 炎
症 を 引き 起こす 生理 活性 が あるのでは ないかと 考察 したのだ。

 最近 では 腸 の 炎症 が 認知 機能 に 影響 を 与える ことが 知られている。 認知 機
能 を 保つ ためにも、ジャンク フード は 控えた方 が 良さそうだ。

                              (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

             新聞コラム Dr. 白澤 ” 100 歳への道 ” より