新鮮 な 野菜 と 果物 を 中心に
 私 は「 食べ 合わせ の 天国 と 地獄 」という 本 を シリーズ で 出版 しているが、多く
の 読者 から 好評 を 頂いて いる。 一方、本 コラム では これまで 柑橘 類、ベリー 類、
ナッツ 類、ココナツ オイル、オリーブ オイル、赤 ワイン、緑茶、キノコ などの 成分 が
認知症 の 予防 の 有効性 を 示した 研究 を 紹介 してきたが、これらは 単独 の 食材 の 認
知症 の 予防 効果 を 検証 したものだった。

 冒頭 の 本 が 好評 だったのは、せっかく 健康的 な 食材 を 使った 献立 が、その 中 に
あった 他 の 食材 によって 栄養素 が 分解 されるなど 健康 効果 が 下 がる といった 心
配 が あったからでは ないかと 思 う。

 そんな 中、ソーセージ や 塩漬け 肉、パテ などの 加工肉 食品、ジャガイモ などの デ
ンプン 質 の 食品、クッキー や ケーキ などの 菓子 が、他 の 健康 効果 のある 食品 の
認知症 の 予防 効果 を 下 げる 食べ 合わせ となる 可能性 が 指摘 された。

 フランス の ボルドー 大学 の セシリア・サミエリ 博士 らの 研究 チーム は、平均 年齢
78 歳 の 認知症 と 診断 された 209 人 と、同 年齢 層 で 認知症 を 発症 していない 418 人
を 対象 に、調査 の 5 年前 の 1 年間 に どのような 種類 の 食品 を、どのような 頻度 で
摂取 していたかを 調査。

 そして 食品間 の 相互 情報量( Mutual Information )、要するに 各 食品 が 他 の 食品 に
与える 摂取量 の 影響力 を 計算 することによって「 食品 ネットワーク 」の 解析 をした。
どの 食品 が どの 食品 の 摂取量 に 影響 を 与えているかーーー。 そうした ネットワーク
を 調べる ことで、食品 相互 の 関係性 が 理解 できるようになる というわけだ。

 その 結果、食品 ネットワーク には 多くの 食品 に 影響 を 及ぼし うる、中核 となる 食
品( 複数 の 食材 に 影響 を 及ぼしていると 考えられる 食品 )が 存在 することが 分か
り、研究 チーム はこれを「 ハブ 食品 」と 考えた。

 解析 を 進める と、認知症 を 発症 した 群 からは 加工食品、ジャガイモ、クッキー、ケ
ーキ、スイーツ、ヨーグルト と パン が ハブ 食品 で ある ことが 分かった。 一方、認知
症 で ない 群 では、新鮮 な 野菜 と 果物 が ハブ 食品 に なって いた。

 博士 はこうした 結果 から、新鮮 な 野菜 や 果物 を 中心 に 組み 立てる と 認知症 の 予
防 効果 が 高い 食べ 合わせ の 献立 に なるのでは ないかと 考察 している。
 
 食べ 合わせ を 考える うえで、ぜひ 参考 にして 頂きたい 研究 だ。

                                         (白澤卓二・お茶の水健康長寿クリニック院長)

              新聞コラム Dr. 白澤  ” 100 歳への道 ” より