カルシウム の 多い 食品 と 言えば、牛乳 などの 乳 製品 や 小魚 類 を 思い 浮かべる
のでは ないか。 確かに、1 食分 の 量 で 換算 すると、牛乳 コップ 1 杯( 200 ㎖ )に
は 220 ㎎、シシャモ 3 尾 には 198 ㎎、イワシ 丸干し 1 尾 には 132 ㎎ と いう 相当 な
量 の カルシウム が 含まれて いる。

 けれども、カルシウム の 1 日 の 摂取 基準 量 は 30 ~ 40 歳代 の 男性 で 650 ㎎、50
歳 以上 では 700 ㎎、18 歳 以上 の 女性 で 650 ㎎ も ある。 牛乳 や イワシ を 頑張っ
て 飲んだり 食べたり しても、単体 では なかなか 基準 量 には 達し ない。

 ところが、僅か 1 食分 で、簡単に 1 日 の 基準 量 を 満たす という すごい 食べ 物 が
ある。 それが 中華 食材 の 小さく て 赤い 干し エビ。 何と、カルシウム 含有 量 は
100 g 当たり 7100 ㎎ も ある。 1 回 に 食べる 量 を 10 g と しても、710 ㎎ もの カ
ルシウム を 摂取 できる のだ。

 ただ、購入 する 際に 注意 したい のが、近年 よく 見られる 輸入 物 の 干し エビ の 中
には、殻 を 取り 除いて 加工 して いる 物 も 少なく ない ことだ。 エビ の カルシウム
は 殻 に 含まれて いる ので、こうした 商品 の カルシウム 量 は グッと 少なく なる。 買
う 際 に 殻 の 有無 を チェック する ように しよう。

 また、日本 産 の 素 干し の 桜 エビ も カルシウム 豊富 で、100 g 当たり 2000 mg 含ま
れて いる。 この 桜 エビ を 食卓 に 常備 して おき、ご飯 や おかず に サッと かけて 食べ
る ことを 習慣 に する のも いい だろう。


                                    青春出版社 ” 食べ物の栄養便利帳 ” より